スマホ用

日本サッカーW杯最終予選初戦敗退!「弱いから負けた」

日本初戦黒星スタート!!

サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選が1日、各地で始まり、6大会連続の本大会出場を目指すB組の日本は埼玉スタジアムでの初戦でアラブ首長国連邦(UAE)に1-2で逆転負けし、黒星スタートとなった。

スポンサードリンク



日本は前半に本田(ACミラン)のゴールで先制。しかし、前半のうちに追い付かれると、後半にPKで勝ち越され、その後の猛攻も実らなかった。W杯初出場した1998年大会以降、予選免除の2002年日韓大会を除き、日本が最終予選の初戦で敗れたのは初めて。

最終予選は6チームずつが2組に分かれ、ホームアンドアウェー方式で来年9月まで続く。各組2位までがW杯出場権を獲得し、各組3位同士の勝者は北中米カリブ海4位との大陸間プレーオフに回る。

日本サッカー協会は1日、埼玉スタジアムで行われたワールドカップ(W杯)アジア最終予選のアラブ首長国連邦(UAE)戦の判定について、アジア・サッカー連盟(AFC)に抗議文を提出したと発表した。1-2の後半にゴールラインを割ったように見えた浅野拓磨(シュツットガルト)のシュートが得点と認められなかった件を不服としている。日本の主張が認められても試合結果は覆らない。

日本協会の田嶋幸三会長は、カタール人主審が笛を吹いたこの試合について「(勝ち越し点となった)PKも含め、おかしな判定が多かった。勝ち点がどうこうなるというものではないが、しっかり抗議することで判定が向上する」と話した。(産経ニュース)

サッカー赤信号!!ロシア大会アジア最終予選敗退した日本チームは本選出場に赤信号がともた。

過去の最終予選で初戦を敗れた国の本選出場はなく、

このままいくと日本のワールドカップロシア大会への出場は危なくなってきた。

この試合は不自然なジャッジがあったように見えた。本田選手の前半での先制ゴールで始まったが、

追いつかれた後、PKとなったが、このジャッジはテレビで見ていた私には???と思えた。

テレビ観戦なので、角度や全体の状況が分かりにくいが、PKになるほどとは見えなかった。

また、後半日本 1-2 EUA の時、浅野選手のシュートがキーパーによって掻き出されノーゴールとされた。

後のビデオなどでは確実にゴールポストの中には言いているように見えた。

私だけのひいき目の判断とは思えない。

いづれにしろ 日本は負けたのである。

勝つチャンスはいくらもあった、自分から勝ちを捨てたと言われてもおかしくない。

選手はわかっているだろう。少しのふがいなさを自分たちの弱さを。

弱さを認め、早く次の試合に気持ちを変えてほしい。

スポンサードリンク



スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用