スマホ用

蓮舫氏自身の国籍問題で謝罪!

蓮舫氏自身の国籍問題で謝罪

9月17日の読売テレビ番組に出演し、先週からの国籍問題で、

日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」に関する自身の発言が何度も変わったことについて「二転三転のイメージを与えてしまったことは率直におわびを申し上げる」と述べて謝罪した。

その時、司会者から代表就任を機に本名の『村田蓮舫』にする考えはないか」と問われると、『蓮舫』の名前で行く旨を発言した。

国会議員で、最大野党の代表が、本名を使わず、いわゆる「芸名」を移用するのはいかがなものだろうか?

仮に首班指名を受けて総理大臣に選ばれたら、私達はこの本名以外の名前で呼ぶことになる。

これだけは嫌だと思う。

日本国民として受け入れがたい。

皆さんはどう思うのだろうか?

蓮舫氏は最初から総理大臣になる木がないのではないかな?

だから、国籍問題もあいまいな形で放っていたのではないかと思ってしまう。

こんな人が、民進党の代表だなんて、民進党を支持している人はどう思っていつのだろうか?

国民から支持を得られるとは思わないのだろうか?

まあ、宙ぶらりんの政党で終わるのなら構わないが・・・

たぶん今度の国会でも憲法問題が出てくるが、

中途半端な「国家安全」論を出すのだろう。

そういえば、 百田尚樹氏の『カエルの楽園』と言うのがあるが、

読んでいるのだろうか、なんか似ているが・・・

「ルールは神聖にして侵すべからざるもの、一切変えてはならないものだという考えをずーっと植え付けられてきました。」

などと言い始めるようで。

憲法9条があるから平和だった。

などと、政権を取ったことのある政党が掲げるのだろうか??

今日は、なんか支離滅裂になってきました。

すみません。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用