スマホ用

ノーベル医学生理学賞「大隅良典栄誉教授」の子供時代!

ノーベル医学生理学賞 大隅良典・東工大栄誉教授 受賞!!

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%99%e3%83%ab%ef%bc%9328kb_ohsumi
日本人またやりました、3年連続ですよ!

すごいですね。

大隅良典栄誉教授ノーベル賞受賞本当におめでとうございます。

受賞内容は下記の通り。

今年のノーベル医学・生理学賞を、飢餓状態に陥った細胞が自らのタンパク質を食べて栄養源にする自食作用「オートファジー」の仕組みを解明した東京工業大の大隅良典栄誉教授(71)に授与すると発表した。

生命活動に欠かせない基本的な現象を明らかにし、医学や生物学の進歩に大きく貢献した功績が評価された。

日本のノーベル賞受賞は3年連続で計25人。医学・生理学賞は昨年の大村智氏に続き計4人となった。
オートファジーはギリシャ語の「オート」(自分)と「ファジー」(食べる)を組み合わせた造語。

栄養がなくなった細胞内に、二重膜でタンパク質などを取り囲むオートファゴソームという小胞ができ、

分解酵素が入った細胞小器官と融合してタンパク質をアミノ酸に分解し、栄養源として再利用する仕組みを指す。

大隅良典栄誉教授はどんなお子さんだったのでしょうか?

太平洋戦争末期の1945年2月、福岡県福岡市にて生まれた。

父は九州大学の工学部で教授を務めており、

四人兄弟の末子として生まれました。

食糧難の時代で、両親は無事育てることに心を砕いたそうです。

少年時代は体が弱く、スポーツも不得意だったそうです。

それで本人は学者を目指すようになったそうです。

両親もそれを望んだそうです。

幼いころから、兄に贈られた自然科学の本に親しんでいたそうです。

特に八杉龍一の『生きものの歴史』、

マイケル・ファラデーの『ろうそくの科学』、

三宅泰雄の『空気の発見』などに心を動かされ、科学に興味を持ったようです。
小さいころから、本が好きで、

研究熱心だったようです。

なるべくしてなった学者さんですね~
今回の先生の受賞理由の自食作用「オートファジー」の仕組みは、

様々な生物に共通する根源的な生命現象の謎を解明した。

様々な病気の仕組みの解明や治療法の開発に貢献すると期待されているそうです。

これからも頑張って研究を続けてください。

本当におめでとうございます。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用