スマホ用

蓮舫代表は「お花畑」のまま、解党し出直そう!!

衆議院補欠選挙が告示され選挙戦が始まった。

与党対野党

自民党対民進党

こんな対立図だ!
しかし、ここで各候補、代表の演説を聞いているといいことばかり主張!

特に、蓮舫代表は相変わらずである。

現実と遊離したきれい事を言ってばかりのように聞こえる。

現実的な問題解決能力に疑問符が付く。

ジャーナリズムやアカデミズムのそれを商売にしている人には受けるのだろうが、

支持している国民は冷静である。

だから支持が広まらないのではないだろうか?
国政は現実の問題であって夢を語るところではない。

共産党と言う左翼の柱と組んで、

現実の政治ができるとは思えない。
共産党は、いまだに革命思想!

国家転覆を狙っている政治結社であることを国民が知らないと思っているのだろうか?

それならおめでたい。

共産党は、公安が監視対象にしている団体なのだ!

オーム真理教と同じである!
こんな政党と一緒に活動していること自体、支持を受けられません。

選挙だけの苦し紛れの共闘だなどと言っても共闘は共闘です!
民進党はもう政権を取れません。

あなたたちは、政権を取って何を国民にしましたか?

不安ばっかりあおって、国防を忘れ、

デフレを進行させた罪は重いですよ。
最近の民進党の議員の質問や発言を見てますと、

笑えて来ます。
野田幹事長が憲法改正問題で、「自民党草案を引っ込めないと審議に入らない」言ったことに唖然としました。

あなたは、自著で『民主の敵』で自身を「新憲法制定論者」と主張し、こう述べているのである。

「もっと自由に憲法について議論することを願います」「自由な発想から自由な論議を積み重ねるべき」

こう述べてもいます。????である。

%e9%87%8e%e7%94%b0imagesp9vlc0sc
なんで自分は自由な議論をで、相手の草案を取り消させるのか?

自分たちで憲法案なんて作れないだけでしょう!
本当に「ブーメラン」100発100中」!!

もう無理ですよ!

また政権復帰なんてありえません。
心ある、民進党の皆さま、

民進党を解党して、新党を立ち上げて下さい。

本当にこの国の国土を守り、

国民の生命と財産を守る気概のある人で、

「新党を」!!

切にお願いします。

<産経ニュース>

主張は「お花畑」 過去に無反省でブーメラン百発百中 民進党への不信は増すばかり
在京各紙の気になる記事のスクラップをしていて、8日付の東京新聞の特集「民進党の明日は」が目についた。評論家の宇野常寛氏が民進党の存在感がいまひとつである理由について、「二つの問題がある」として興味深い解説をしていたからである。

「現実と遊離したきれい事」

宇野氏は、一つは「実務的な政権担当能力がないこと」だと述べ、続いてこんな指摘をしていた。

「左翼だと思われていること。これではマジョリティー(多数派)の支持を集めることは難しい。現代日本において左翼というのは、究極的には自分探し文化以上のものだとは思われていない」

「現実と遊離したきれい事を言ってウットリする文化が定着しすぎていて、現実的な問題解決に寄与するケースが少なく、ジャーナリズムやアカデミズムのそれを商売にしている人と彼らの顧客である自分探し層以外からは基本的に相手にされていない」

的を射た分析だと思う。外交・安全保障面でも憲法論でも、地に足のつかないふわふわとした民進党の主張は、インターネット上などでしばしば「お花畑」と揶揄されている。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用