スマホ用

どうなる東京オリンピック開催会場!バッハ会長と会談、小池知事

今日、IOCバッハ会長が来日し小池知事と会談した。

今問題になっている開催会場について意見の交換をした。

競技会場見直しで応酬 小池百合子氏、不満げな表情も バッハ氏が小池氏を諭す
「ルールを変えないことが利益にかなう」と諭す国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長に、「都民の納得が必要」と切り返す東京都の小池百合子知事。公開の場で開かれた18日のトップ会談は、競技会場見直しを巡り互いの主張の応酬となり、知事が不満げな表情を見せる場面もあった。

紺色スーツに青いスカーフ姿でバッハ会長を迎えた小池氏は、自ら席にエスコート。序盤はバッハ会長が「もったいない」と日本語を口にしてコスト削減の必要性を語るなど、笑顔を見せ、和やかに進んだ。

だが小池氏が「復興五輪に資しているかがポイント」などとして競技会場見直しに触れたのに対し、バッハ会長は「開催都市として選ばれた後に、ルールを変えないことが利益にかなう」と牽制した。

小池氏は時折こわばった様子も見せたが、会場のテレビカメラに「パブリックマネーを使う都民の納得が必要だ」と「都民目線」をアピールした。

この問題の落としどころはどこなのだろう??

私は、小池知事が誕生しこの見直しが出てきた時、

また、贈収賄問題かと思った。
異常に膨れる、オリンピック関連予算、

まるで底なし沼!

これに危機感を抱いた新小池知事!
こんな構図を描いた。

現実にはそんなように進んでいるかに見えていたが、

ちょっと、流れが変わってきたように思える。
東京都は、豊洲問題を抱え、優秀な都の職員が委縮している現状ではないかと思える時期に

この問題の追及は水かしいか?

小池知事の手腕が問われるが、それにしてもきついだろう!
大阪維新の会を立ち上げ、

毅然として、時の大阪府議会、府民に挑戦状を突き付けた、

橋下元知事以上のこんなだろう!!
私は、小池知事を応援する。

あなたは、時代が求めた人だ!

都民が、暗に求めたのである。
1200万人の都民から支持されたのである、

前だけを向いて戦ってほしい。

オリンピックは前哨戦である。
小池知事、落としどころは見えていますよね!

私は安心しています。

必ずいい結果を出してくれると!

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用