スマホ用

早く見たい!映画『海賊とよばれた男』が完成披露開催!

公開間近!映画『海賊とよばれた男』が完成披露開催!

12月10日は映画館に行こう!!!

%e6%b5%b7%e8%b3%8ahqdefault


映画「海賊とよばれた男」(山崎貴監督、12月10日公開)の完成披露イベントが行われた。
V6の岡田准一が好演!出光興産創業者がモデルの映画、愛妻役を女優、綾瀬はるか が演じた。

%e6%b5%b7%e8%b3%8aprm1611140006-n1

スポンサードリンク

出光興産創業者・出光佐三氏をモデルにした主人公の20~90代までを演じきった岡田を関係者が褒めた。

%e6%b5%b7%e8%b3%8a2<出光佐三氏>

「永遠の0」と同じトリオが再結集して作られた映画。

その完成度が高いと、クランクアップ前からささやかれており、今回のプレミアムでも評判になった。

「海賊と呼ばれた男」は、戦争前後の混乱期でも、一人の社員もクビにせず、

会社を発展させ、日本のエネルギーの供給に貢献したのである。

この会社は当然「労働組合がない」それでいて、労働条件はダントツだった。
出光の5つの主義方針を掲げ

・人間尊重・大家族主義・独立自治・黄金の奴隷たるなかれ・生産者より消費者へ

と言う信念で築き上げた会社の創業者がモデルである。

戦後の混乱期の「日章丸事件」などどう演じたか早く見たい。
完成披露イベントのニュースです。

V6岡田准一「綾瀬さんが来てるときの喜びようったらありゃしない」 映画『海賊とよばれた男』撮影裏話
V6の岡田准一(35)が14日、東京国際フォーラムで行われた主演映画「海賊とよばれた男」(山崎貴監督、12月10日公開)の完成披露イベントに出席した。出光興産創業者をモデルにした主人公の20~90代までを演じきった岡田を、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」主演が決まった部下役の俳優、鈴木亮平(33)らは絶賛。テレ笑いを吹き飛ばすように劇中の決めセリフ「油持ってきたけ!!」で締めると、観客から歓声が上がった。(サンケイスポーツ)

大ヒット映画「永遠の0」の原作者、監督、主演俳優が再び結集した話題作が、小雨の中を和やかに“船出”した。

屋外でのレッドカーペット。愛妻役の女優、綾瀬はるか(31)や部下役の小林薫(65)、吉岡秀隆(46)、鈴木らと歩いた岡田が、いきなりムチャ振りで場内を沸かせた。

「プレミアをみなさんで祝っていただきたいです」と集まった500人の観客にあいさつすると、「ここで綾瀬さんからひと言」。

期待を裏切らず、綾瀬も「帰るまでが“遠足”ということで、よろしくお願いします」とオトボケあいさつで会場をほっこりさせた。

主要キャストで女優は綾瀬だけとあって、「綾瀬さんが(撮影現場に)来てるときの喜びようったらありゃしない。なぜか(小林)薫さんがいつも横を陣取っていた」と岡田。そんな和気あいあいとした現場で撮られた映画は、出光興産創業者がモデルの主人公が、戦後、石油事業を成功させる姿を描く。青年期から96歳で亡くなるまでを演じた岡田に、共演陣から絶賛の声が相次いだ。

主人公と対立する石油配給統制会社社長を演じた國村隼(60)は「憎たらしいことしか言わない60代のジジイが目の前にいた」と感服。体重を10キロ単位で増減させる役作りで知られる鈴木も、「近くで見ても60歳くらいにしか見えない」と脱帽だ。

これに対して岡田は、「不安なとき、それを察してか堤(真一)さんや薫さん、國村さんが『60代に見えるよ』と言ってくれて、救ってくれました」と感謝した。

主人公の決めセリフ「油持ってきたけ!!」を放つと、観客も共演者も大盛り上がり。綾瀬は「活気ある現場の仲間に入れてうれしかった」と“男臭い”撮影を懐かしんでいた。

★出光興産モデル

映画の原作は作家、百田尚樹氏(60)の本屋大賞受賞作。石油会社「国岡商店」を経営する国岡鐡造が敗戦ですべてを失いながらも、誰一人として社員をクビにせず、戦争の火種となった石油を武器に国岡商店を力強く再生させていく物語で、出光興産の創業者・出光佐三氏がモデルだ。

映画は、百田氏原作、山崎監督、そして主演岡田と大ヒット映画「永遠の0」(2013年)のトリオが再集結したことでも注目を集めている。

戦後復興の日本のエネルギーを一貫して守り抜いた人の話を、

岡田准一はどう演じたか?

本当に待ちどうしい。

愛妻の綾瀬はるかは、本人の明るさをどう出したのか?

これも楽しみである。
早く見たい!

12月10日に見ます!

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用