スマホ用

日本企業の中国撤退が加速!もはやリスクだらけの中国! 

日本企業よ中国からの撤退を急げ!悪夢が待っている!

%e4%b8%ad%e5%9b%bdnishiofoods1
日本企業の中国撤退が加速しているという。

日本だけでなくEU、アメリカも同じだ。

中国生産はリスクが増大しているのだ。

%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%82%bd%e3%83%8b%e3%83%bcamr0906011754005-p2-300x201

スポンサードリンク

今、中国国内は、円安、人民元高だけでなく、人件費の高騰が続いている。

そんな中での中国国内の経済の縮小に歯止めがかからない。

また、中国国内企業の生産力・技術力も向上していて、厳しい競争にさらされだした。
中国国内で大規模リストラは、必ずと言っていいほどストライキが起きる。

%e4%b8%ad%e5%9b%bd012301

だから簡単にリストラできないのが実情だ。

もはや猶予はなくなった。

%e4%b8%ad%e5%9b%bd003

現状の赤字は覚悟で早く清算をしないと地獄が待っている。

中国の市場は輸出で補えばよい。

いかに早く撤退するかでその後が決まるかもしれない。

中国は、一国二制度と言いながら、欧米、日本の資本と技術を入れその獲得に成功している。

それが南沙諸島の軍事力整備であり、尖閣の奪取計画につながっている。

経済発展が軍事力増強に組してしまったのだ。

早く手を引いてこの環境を少しでも減少に転じさせなければならない。

そのためにも、日本企業は中国撤退を早めよう。

では移転先はどこか?

私は日本国内を第一にあげたい!

インフラはそろっている、人員もいるのだ。

割高と思っている経営者は少し遅れてはいないか?

又は、その系主体を軸足をどこに置こうと言うのか?

日本はこれから国内需要はまだまだ伸びるのだ!

国内に工場が戻ってくれば、国内が活性化する。

当然賃金等は上がるだろうが、売値もあげられる。

優良な庶民を作り出せばいいのだ。

かつての経営者がそうだったように、

現在の経営者にも期待したい。

どうしても日本がコスト的に合わなければ、

東南アジアはまだ投資のキャパはあるはずだ。

こちらも、儲けよりも育成を最大の目標とすれば道は開けるだろう。

いずれにしろ、中国での生産活動は早く幕を引こう!

遅くなるほど地獄が待っている!

日本企業の中国撤退が加速 「ソニー」がカメラ部品工場売却で大規模スト発生

<産経ニュース>
日本企業の中国からの撤退が加速しそうだ。人件費の高騰に加え、円安・人民元高が進んでいるのだ。ソニーが中国・広州市のカメラ部品工場売却を決めたところ、現地の従業員に大規模ストライキを起こされる事態も発生した。欧州企業などへの撤退連鎖も指摘される。今後の展望・対応について、ジャーナリストの前屋毅氏が迫った。(夕刊フジ)

中国から日本への輸出は今年1~10月、前年比で5・3%減となった。日本企業が中国で生産した製品を日本に送り出す比率が高いため、これは日本企業が中国での生産を縮小していることを示している。

日本企業だけではない。中国の貿易相手国として首位のEUでも同時期に4・9%減、第2位の米国も同7・7%減となっている。各国の企業が、中国での生産を縮小していることが数字にも表れている。

広州市にあるソニーのスマートフォン向けカメラ部品の製造工場での大規模ストライキは11月10日ごろ発生し、24日に収束した。工場を深セン市の電子部品メーカーに売却することが引き金となったが、他社も人ごとではない。

日中経済協会(宗岡正二会長)の訪中団が今年9月、中国商務部を訪問し、「中国から撤退する際の手続き迅速化を要請した」という。それほど、日本企業は中国からの撤退を急いでいる。

これは賃金の上昇や円安・人民元高に加え、沖縄県・尖閣列島をはじめとする、日中の政治的関係が懸念されるためだ。

中国政府としては、日本企業を引き留めるために政治的妥協するつもりはない。自国企業を育成するために、外国企業への優遇策を次々と廃止していることも大きい。

中国から撤退して、どこに生産拠点を移すかも難題だ。インドやベトナムが注目されたが、進出ラッシュが続いて、インフラが整っている地域が少なくなり、良質の労働者を確保することが難しくなったという。

日本企業にとっては試練の時が続きそうだ。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用