スマホ用

中国機自衛隊機を挑発か?「妨害弾」発表!憲法改正を急げ。自衛隊員を守れ。

中国が宮古島のと沖縄本島の間で中国軍機が妨害を受けたと発表

中国の「意図的な中傷」か?

自衛隊員を早く守る憲法の改正を急げ!

スポンサードリンク

「関連記事はコチラ」:百田氏・自衛隊員守れ!中国軍機交戦直前?自衛隊機「フレア」発射!

自衛隊機の妨害は確認されていない。

防衛省は「至近距離からの妨害、「妨害弾」の発射もない。としている。

「妨害弾」とは「フレア」のことであり、危険なものではない。

中国語における「妨害弾」とは「フレア」のことです。

フレアとは赤外線誘導空対空ミサイルが備える赤外線検知器(シーカー)を欺瞞するためのおとりである。

航空機から射出されたのちに発火、強烈な赤外線を放出してミサイルの追尾をフレアへと引き寄せる。

航空機がこれを回避するために用います。

本当に「フレア」を使ったのなら、

中国軍機が、自衛隊機に対して、ミサイル発射の動作をとったことになる。

自衛隊機が狙われたのだ。
中国軍機は様々な挑発を繰り返しているという。

もはや、沖縄の海、空は戦場になろうとしている。

いや、すでになっていると認識したほうが良いのではないか?

早く、自衛隊員を守るために、憲法を変えねばならない。

自衛隊員が交戦で命を落としてからでは遅いのだ!

政治家よ、行政よ何をしているのだ!

マスコミは何をしている。

大ニュースでつたえよ!

国が狙われていることを、自衛隊員がの命が危機にさらされていることを。

政府、意図的中傷の見方も 中国の「妨害弾」発表で

<産経ニュース
日本政府は12日、沖縄本島と宮古島の間で航空自衛隊の戦闘機が「妨害弾」を中国軍機に発射したと発表した中国国防省の意図に関する分析に着手。防衛省内では、東シナ海周辺で日本とにらみ合う中国による「意図的な中傷」(幹部)との見方が浮上している。

稲田朋美防衛相は12日午後、北海道の空自千歳基地で「事実と明らかに異なることを一方的に発表した」と記者団に述べ、中国国防省を非難。10日に中国軍機の領空侵犯に備えて緊急発進した自衛隊の戦闘機の動きについては(1)近距離で妨害した事実はなく(2)「妨害弾」を発射し、中国側の安全を脅かした事実も一切ない-と強調した。

「妨害弾」は、対空ミサイルの命中を防ぐために戦闘機などが発射する火炎弾「フレア」を指している可能性がある。疑似熱源のフレアを発射すると、エンジンや排気などの熱源を追ってくる赤外線誘導ミサイルをかく乱する効果が生じる。外務省によると、中国側は「妨害弾」が何を指すのか説明していない。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用