スマホ用

天皇陛下の禅譲実現後は秋篠宮を皇太子に。

謹賀新年!今年もよろしく。

秋篠宮を皇太子に。天皇陛下禅譲後の皇室取り扱い!

天皇陛下の禅譲を実現するための特別法案提出か?

禅譲後は秋篠宮さまを「皇太子」待遇とする案も合わせる。

今の法案では秋篠宮家は警備が薄く心配である。

スポンサードリンク


政府の天皇陛下に関する動きは、

今月召集の通常国会に、

一代限りの特例法案を提出する方向だ。

その中で、秋篠宮さまを「皇太子」待遇する。

その経費も秋篠宮家の格上げをする。

警備体制もしっかりとしてほしい。

今上天皇が禅譲し皇太子殿下が天皇陛下になられた場合、

秋篠宮さまを「皇太子」待遇する。

そこで、今の皇太子殿下並みの待遇にする必要がある。

今があまりにも待遇が低すぎると思う。

悠仁親王がおられるのであるからもう少し早く手を打ってもらいたい。

こう思うのは私だけだろうか?

将来の天皇陛下に何かあてからでは遅い。

万全の態勢でお守りする。

当たり前と思うのだが。
いずれにしろ、私は今上天皇陛下の禅譲はいかがかとも思うのだが。

天皇陛下のお気持ちを大切にする。

それならば、政府の案で、早く進めてほしい。

秋篠宮さまを「皇太子」待遇…「退位」特例法案
読売新聞 1/1(日) 12:04配信

政府は天皇陛下の退位を実現するため、一代限りの特例法案を1月召集の通常国会に提出する方針を固めた。

特例法案は皇室典範と皇室経済法や宮内庁法など関連法の特例を一括したものとする。皇位継承順位が1位となる秋篠宮さまを「皇太子」待遇とし、退位した天皇の呼称は「上皇」(太上天皇)とする方向だ。

皇室典範には退位の規定がなく、特例法案に退位の手続きや、退位した天皇の呼称などを書き込む。

皇室経済法に関しては、上皇を置くことに伴う支出を規定するほか、秋篠宮家への支出を皇位継承順位1位に見合う額に引き上げる特例を設ける方向だ。

現在、生計を一にされている天皇、皇后両陛下と皇太子ご一家に支出される内廷費(2016年度)は3億2400万円。これに対し、秋篠宮家への皇族費(同)は6710万円にとどまる。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用