スマホ用

中国投資は終了した!リスク多すぎ!早く撤退しよう!

中国投資は終了した!撤退作業を進めよう!リスク多すぎ!

韓国の財閥、ロッテグループが中国事業でひどい目にあっている。

これは、韓国政府が米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備決定をきっかけにネチネチと続く同国への嫌がらせの一環とみられている。

スポンサードリンク

これが中国投資の最大のリスクである。

政権の気分一つですべての物事が替わってしまう。

日本も同じである。

いつ、どんな目に合うかわからない?

もう中国投資は終わったのである。

中小企業から、早めに撤退を始めたほうがいい。

いま日本企業が中国で工場を撤収しようとすると、

ほとんどのものが戻らないと聞く。

現在ですらそうである。

日本との状態が韓国のように悪くなったら、

ますます何もできなくなる。

早々に撤退しよう!

欲張らないで、とにかく持てる物だけ持って帰ろう!

日本は、その点安全である。安心である。

政府が悪さをすることはない。

法を守っていれば!

早く日本に帰ろう!!

やっぱりヤバイ中国投資、韓国・ロッテもテーマパーク建設中断の憂き目に 米軍ミサイル配備の報復か?
韓国財閥・ロッテグループが中国事業で苦難を受けている。ロッテが中国東北部に約3兆ウォン(約2940億円)を投じて建設を進める大規模開発事業が、中国当局によってストップさせられていることが明らかになった。最近もロッテ系列の中国事業所は税務調査に入られており、経営権をめぐる創業者一族による骨肉の争いが続いた同社にとっては、新たな懸案が持ち上がった形。米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備決定をきっかけにネチネチと続く同国への嫌がらせの一環とみられ、国家の胸三寸で企業活動が止められてしまう中国投資の危うさを世界に知らしめている。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用