スマホ用

蓮舫代表の子供の双子と名前が知りたい!国籍はどうなっているの!

こんにちは太郎です!

今回は民進党の蓮舫代表をお伝えします。

・蓮舫代表の子供の双子と名前が知りたい!

・家族の国籍はどうなっているの!

それでは見ていきましょう。


民進党の蓮舫代表が

二重国籍問題で揺れてから

結構な時間がたっている。

蓮舫代表は

相変わら「戸籍謄本」等の

国籍を明らかにすることの

公表は行っていない!

スポンサードリンク

本当にこの人はどこの国の議員なのだろうか?

彼女を選んだ人たちは

本気で中国人の国会議員を

選びたかったのだろうか?

今回は家族に少し照準を合わせてみた。

・蓮舫代表の子供の双子と名前が知りたい!
蓮舫さんには

台湾人の政商父・謝哲信氏と日本人の母・斉藤桂子さんとの間に誕生した。

出生時は中華民国籍であり、のちに日本国籍を取得した二重国籍者であった。


蓮舫氏は25歳の時、

現在の夫と知り合って1カ月で超スピード結婚しました。

夫は村田信之さんと言う方でフリージャーナリストや大学で

教鞭をとるなどして活躍されている方です。

ですから、戸籍上の名前は村田蓮舫となるはずです。

お子さんは

1997年に双子のお子さんを設けています。

男の子が琳(りん)君。

女の子が翠蘭(すいらん)ちゃん。

かわいいお子さんですね。

お名前は中国系を付けたようですね。


・家族の国籍はどうなっているの!
彼女は18歳で帰化しながらも

名前の「蓮舫」にこだわった

と言われています。

中国愛があふれていたようですね!

(なぜ帰化したのかな?)

結婚時も同じで、

蓮舫の名前は捨てなかったようですね。


中国に対する思いは

今も変わらないようですが!

長男は現在北京に留学している

との話もあります。

ご家族の国籍をまとめると

祖父:台湾

祖母:日本

夫:日本

本人:中国、日本?

子供:日本?

こんなところのようです。

蓮舫氏の個人と議員の

プロフィールです。

名前:村田蓮舫(通称名)

愛称:蓮舫

別名義:村田レンホウ(日本名)

謝蓮舫:(中華民国名)

斉藤蓮舫:(旧通称名)

生年月日:1967年11月28日

年齢:49歳

出身地:東京都

身長:160cm

体重:― kg

スリーサイズ:B80W58H80cm

カップサイズ:B

活動

デビュー:クラリオンガール

ジャンル:キャンペーンガール

他の活動:タレント、司会者

その他の記録

国籍:中華民国→日本?
日本の政治家

名前:蓮舫(れんほう)

生年月日:1967年11月28日(49歳)

出生地:東京都

出身校:青山学院大学法学部卒業

前職:テレビタレント

所属政党:(民主党→)

民進党:(野田グループ)

称号:法学士(青山学院大学・1990年)

配偶者:村田信之

親族:陳唐山(台湾の政治家)

公式サイト:蓮舫 参議院議員

内閣府特命担当大臣(行政刷新・「新しい公共」・少子化対策・男女共同参画)

内閣:野田内閣

在任期間:2011年9月2日 – 2012年1月13日

内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)

内閣:菅第2次改造内閣

在任期間:2011年1月14日 – 2011年6月27日

内閣府特命担当大臣

(行政刷新)

内閣:菅内閣

菅第1次改造内閣

菅第2次改造内閣

在任期間:2010年6月8日 – 2011年6月27日

参議院議員

選挙区:東京都選挙区

当選回数:3回

在任期間:2004年7月11日 – 現職
家族と経歴を見てきましたが

本当に日本国籍はあるのでしょうか?


もはや、民進党内でも

その足元が揺らいでいる!

国民は外国人の国会議員には「ノー」を

突きつけている!

東京の有権者は

外国国籍の人が代表の

民進党を支持するのだろうか?

有権者の良識を疑う!

止まらぬ民進離党ドミノ… 蓮舫代表辞任のカウントダウンが始まった!?

東京都議選(6月23日告示、7月2日投開票)を前に、民進党の「離党ドミノ」が加速している。側近の身内からも三くだり半を突きつけられ、蓮舫代表のメンツは丸つぶれ。早くも党内では、都議選後の「代表引責辞任」の可能性もささやかれ始めた。

蓮舫氏は11日午後、練馬区の都議選立候補予定者とともに街頭演説会に臨み、その政策立案能力を持ち上げてみせた。

「献身的で即戦力な人材だと保証する!」

蓮舫氏は5月中旬以降、休日も含めほぼ毎日、都議選の応援演説をこなしている。しかし、精力的な努力もむなしく、党を逃げ出す立候補予定者は後を絶たない。

柿沢未途前役員室長の妻、幸絵都議もその一人だ。蓮舫氏の側近であるはずの柿沢氏の身内までもが党を見捨てるという事態は、蓮舫執行部の著しい求心力低下を党内外に印象づけた。

幸絵氏は江東区(定数4)で民進党の公認が決まっていたが、6月6日に離党届を提出し、小池百合子知事率いる地域政党「都民ファーストの会」の推薦を受けて都議選に臨むことになった。他の希望者を退けて民進党公認に納まっておきながら、選挙の直前になって平然と小池氏のもとへ逃げ込む厚顔無恥ぶりには恐れ入るばかりだ。

しかも、5月25日には蓮舫氏が応援に駆けつけたばかりである。雨が降りしきる早朝、蓮舫氏は通勤客に向かって幸絵氏の名を連呼し、政策ビラを自ら手渡してテコ入れを図った。幸絵氏に対し「恩をあだで返す裏切り行為だ」(党幹部)という恨み節が漏れるのも無理はない。

相次ぐ離党について、安住淳代表代行は「支持率が低くても民進党で頑張る人の方が政治家として、人間としても誠実だ。寄らば大樹の人間に都政改革などできない」と強弁するが、都議選の結果は蓮舫氏の責任論を惹起(じゃっき)しかねない。

執行部と距離を置く有力議員は「蓮舫氏のおひざ元である東京で大敗すれば自発的にやめるだろう」と語り、早くも「ポスト蓮舫」を見据えて党重鎮らとの連携を強めている。

(政治部 奥原慎平)

引用:http://www.sankei.com/politics/news/170611/plt1706110019-n1.html

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用