スマホ用

松沢成文の新党の踏み絵に賛成する!娘と家族や自宅が気になる?

こんにちは太郎です!

今回は松沢成文参院議員をお伝えします。

・松沢成文参院議員の新党の踏み絵に賛成する!

・松沢成文参院議員の娘と家族や自宅が気になる?

それでは見ていきましょう。

最近の政治はつまらないと思う。

何故なら、まともな議論になっていないからだ!

スキャンダルや、揚げ足取りの話題だけでつまらない。

自民党への対抗馬として、民進党を上げられるが、

政権与党経験政党が、この体たらくで、

数合わせと、人気取りに終始する始末!

国民は、まったくしらけているのがわからないほど、

三流政党に落ちてしまった。

その代表選が、相変わらず国民不在だ。

スポンサードリンク

先の代表が推進した共産党との共闘が、

その共産党の、シロアリにすっかり食い荒らされたようだ。

もはや、国民の支持を得られるはずがない!

そんな中で、自民党を離党した若狭氏や民主党から出た松沢氏、

民進党を離党した長嶋氏・細野氏あたりが新党の立ち上げを模索している。

・松沢成文参院議員の新党の踏み絵に賛成する!

上記4氏の中で、松沢成文参院議員の新党の踏み絵が発表された。

それは、憲法改正に賛同できるか?

私は賛成である。

松沢 成文氏のプロフィールです。

氏名:松沢 成文(まつざわ しげふみ)

生年月日:1958年4月2日(59歳)

出生地:神奈川県川崎市多摩区

出身校:慶應義塾大学法学部

所属政党:(無所属→)(新生党→)(新進党→)

(国民の声→)(民政党→)(民主党→)

(無所属→)(みんなの党→)(次世代の党→)

無所属(無所属クラブ)

称号:法学士

公式サイト:松沢しげふみ公式サイト:http://www.matsuzawa.com/

参議院議員

選挙区:神奈川県選挙区

当選回数:1回

在任期間:2013年7月29日 – 現職

民選第15・16代 神奈川県知事

当選回数:2回

在任期間:2003年4月23日 – 2011年4月23日

衆議院議員

選挙区:(旧神奈川2区→)神奈川9区

当選回数:3回

在任期間 1993年7月19日 – 2003年3月25日

神奈川県議会議員

選挙区:川崎市麻生区選挙区

当選回数:2回

在任期間:1987年4月 – 1993年7月6日

松沢成文参院議員 新党の「踏み絵」は憲法9条改正に賛同するか否か 前原民進党との連携条件は「共社切り」

安倍晋三政権が長くなり『おごりすぎ』と批判が出ました。かたや、民進党は相変わらずバラバラで統治能力がない。もっとまともな政党をという民意が、7月の東京都議選で表れました。ここで新しい政治勢力を作らなければ、政治の不作為ですよ。

若狭勝衆院議員は、小池百合子東京都知事と一緒に自民党を出た同志。細野豪志元環境相と長島昭久衆院議員は、新党を模索して民進党を出ました。こうした方々と協議をしています。

新党結成のタイミングは衆院解散の時期にもよりますが、焦る必要はないと考えています。とりあえず、臨時国会の召集が予想される9月25日より前に、新党を目指す仲間と国会会派は作りたい。その後「新党準備会」を立ち上げ、年末までに新党を形にします。

新党が成功するカギはどこにあるか。10人の烏合の衆が集まるより、5人でいいから最初に政策理念を一致させ、求心力のある政党にする必要があると考えています。10人いても、憲法改正や消費税増税の考えがバラバラでは「ミニ民進党」ですからね。

民進党の保守系議員は不満が多いでしょう。党内に保守系も左翼もいて政策が決められず、限界を感じている。ここで私たちが魅力ある政策理念を持たないと人は集まりません。逆に、一時の新党ブームや小池氏の人気にあやかり、選挙に落ちるのが嫌で「中身はどうでもいいから」という人に来られても困る。だから入党時に「踏み絵」を踏んでもらう必要があります。

個人的な意見をいえば、「踏み絵」の一つとして、憲法9条改正への賛同を掲げたい。

憲法改正の神髄は9条を乗り越えられるかどうかです。ここを見直さないと、日本の国家の存立が問われる。政治家として国益を考えるなら、今の憲法に安全保障や国家緊急事態に関する考えがないことを憂慮すべきです。北朝鮮が弾道ミサイルを次々と発射する危機を前に、9条を見直す勇気がないなら、新党を作っても意味がありません。

民進党の前原誠司代表は話しやすい相手です。ただ若狭さんも言及していますが、共産党や社民党や自由党まで一緒に組むような民進党と一緒になることはあり得ません。

もし、前原氏が僕らと一緒になりたいのなら、共産や社民を完全に切り、自立した完全な保守中道政党になるべきです。憲法改正議論もきちんとしてほしい。前原氏が左派を切り、小池新党と合わせた保守政党2つが政権交代を目指すならいいと思うのですが、今の民進党では無理でしょう。

小池氏が「第三極」を作ろうと挑戦した1年間の流れは大切にしたい。小池氏は自民党と連携して「ポスト安倍」を狙う道まであるのですから、政局のど真ん中にいますよね。

でも、万一小池氏が都政の問題などを抱えたとき、同時に「第三極」の動きまで失速してはいけません。だから私たちは、自身で生きていけるだけの理念を持った新党でなければならないのです。(奥原慎平)

出典:http://www.sankei.com/politics/news/170913/plt1709130007-n2.html

松沢成文参院議員はその新党の構想で、

国家防衛はどの政権でも共有すべきことで、

政権が変わったら、自衛隊がなくなるなどと言うことは否定している。

また、その為の憲法改正も当然と考えている。

当たり前のことである。

憲法は現在の日本国民の為にある。

最近の憲法論議はおかしいと感じる。

特に憲法学者の言っていることがホントにおかしく感じる。

先に、憲法ありきで、日本国民は憲法の後にいる感じである?

そもそも、憲法とはその国の形を表すもので、

変更されるものであろう!

だから、英国のように不文律の例もある。

文章化する必要ないと言っている国民もあるのだ。

なぜ日本の学者は文字にこだわるのだろうか?

憲法の文言に支配された信者のようである。

その憲法を、現在の日本に合ったような

国の形がわかるような憲法にしてほしい。

そんな議論の出来ない政党は信用できないと思う。

・松沢成文参院議員の娘と家族や自宅が気になる?

松沢成文氏は神奈川県川崎市多摩区で生まれ

そのまま住んでいると思われます。

家族は、奥さんと娘さん2人の4人家族ですね。

残念ながら、家族の情報や、

娘さん二人の情報はありませんでした。

わかり次第ほうこくします。

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用