スマホ用

終戦とオリンピック

昨日は終戦記念日

日本各地で慰霊の会が行われた。

戦争はすべての人を不幸にする。

それは世界すべての人民が感じていることだろう。

しかし、この地球上で絶えず戦いが起きているのはなぜだろう?

と、毎年この時期に思うことである。

人類はいろいろなものと闘ってきた!

自然災害、病疫、・・・・そして人間

人類同士の戦いは定めなのだろうか?

どうせ戦うのなら、

今開催されているスポーツ祭典

オリンピックでの戦いでよいのではないか?

すべての国、地域の代表が、

一堂に集まってスポーツで雌雄を決めるのが良いのではないか?

と思えてくる。

これなら、だれも、難民になることはないはずだ!

こんな事を考えながら、

今日もオリンピックの情報に一喜一憂している。

陸上男子100mでボルト選手が金メダル!!

強い!本当に強いと思った。

体操男子 白井選手の跳馬 惜しくも 銅メダル!

跳馬は一発勝負の競技で前回の東京オリンピックで

跳馬の山下と言われ、かつての日本の大得意の種目だったのを思い出した。

その復活である。

この時期に白井選手のような人が出ていたのは、

体操復活の力強さを感じている。

それにしても、卓球男子は快挙だ!

私は静岡県に住んでいるので、話題は多い。

県内報道でも、男子の水谷選手、女子の伊藤選手の

出身県と言う事もあり、話題が多い。

その中で、女子は少しかわいそうになってきたが、

男子は水谷選手の銅メダルがチームのムードを引き上げている。

いよいよ、金メダルへの挑戦である。

頑張れ日本!!

愛ちゃん、石川、伊藤選手 まだまだ全国で

みんなが応援しているよ!!

最後は 銅メダルをとって笑って帰ろう!

終戦記念日、71年前

焼け野原になった国土での焦燥感の中で、

誰がこんな日が来ると予想したのだろうか?

恐れ多くも 昭和天皇がこれを見据えて決断してくれたのだろうか!

最後の一人まで戦うと言った軍部の意見に突き動かされ、

戦争を継続していたらどんな世界があったのだろうか?

その後、戦争に勝ちもっと素晴らしい世界だったのだろうか?

それとも、本当に日本人民が、天皇陛下を含めて、

ほとんどの国民が倒れ、この国土の名称が変わっていたのだろうか?

「日本人」とは消滅した人類として生物学上の名称のみが残り、

純粋な末裔は残っていないなどと学会で報告されている、

などと予想するとゾッとしてしまう。

今、自宅のテレビの前で、地球の裏側の世界のスポーツの祭典を

涼しい部屋で家族とともに応援し、

その選手の活躍に一喜一憂している。

こんな世界になっている。

本当に平和とは素晴らしい!

この素晴らしさは全世界に届かなければならないと思う。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用