スマホ用

憲法改正!北朝鮮核ミサイルに抵抗手段を早く構築しよう!

北朝鮮核ミサイルに抵抗手段を早く構築しよう!

北朝鮮が9日に行った5回目となる核実験を受けて、日本はどんな対抗手段があるのかを考えてみた。
日本の自衛隊の装備では残念ながら何の攻撃手段を有していない。
北核ミサイルが着弾しても……自衛隊に敵基地攻撃手段なし、反撃は米軍頼み。

北朝鮮による5回目の核実験強行で、北朝鮮の核ミサイルが、日本国民にとり深刻な脅威となろうとしている。日本政府も、北朝鮮が弾道ミサイルに搭載するための核弾頭小型化を実現した可能性があると分析している。もし北の核ミサイルが弾道ミサイル防衛網を突破し、日本が広島、長崎に続く核の惨禍に見舞われたらどうなるのか。専守防衛の制約の下で自衛隊が取り得る対抗手段は極めて限定されているのが現状だ。

「今までとは異なるレベルの脅威ということで認識が一致した」

安倍晋三首相は9日、オバマ米大統領との電話会談後、首相官邸で記者団にこう語った。これは、核攻撃の脅威にさらされることに他ならない。

北朝鮮が日本に核攻撃すれば、自衛隊には防衛出動が発令されそうだが問題はその先だ。たとえば、北朝鮮を支配する金(キム)正(ジョン)恩(ウン)朝鮮労働党委員長の居場所を突き止めて自衛隊が反撃することは憲法上認められていない。「海外での武力行使」を禁ずる憲法9条の下で、自衛隊は報復攻撃できないという解釈のためだ。

ミサイルを迎撃して相手の攻撃を失敗させる「拒否的抑止」だけでは、抑止力としては十分ではない。

それでも、憲法上許される北朝鮮領内への攻撃はミサイル基地などに限定されている。

日本への第2撃、第3撃の核攻撃を防ぐために敵のミサイル発射台、発射車両をたたくことは望ましい。また、日本に敵基地攻撃能力があれば北朝鮮は日本が方針転換して、北の政権中枢を攻撃してくる可能性まで想定せざるを得ない。

日本を攻撃すればそれ以上の報復を受けるかもしれない。こう思わせて攻撃を抑止する。この「懲罰的抑止」の態勢が、平和の維持には本来欠かせない。

しかし、専守防衛一辺倒の日本は、自衛隊に、初歩的な「懲罰的抑止」につながる敵基地攻撃能力さえ政策的に認めていない。北朝鮮領内を攻撃できる戦闘機や長射程の弾道・巡航ミサイルは一切ない。

政府は平成25年12月決定の防衛計画大綱に、敵基地攻撃能力保有の検討を盛り込んだが議論は進んでいない。反撃は、米軍頼みだ。

「(核攻撃されても)米国に反撃してもらうしかない…」
北朝鮮核実験の対応に奔走した政府高官は9日夜、こうつぶやいた。(産経ニュース)

—————————————

北朝鮮の核兵器の開発はスピード感が上がっているように感じる。

北朝鮮 核ミサイルの脅威、真相は水爆の前段階か
今年2月7日に北朝鮮が発射した事実上の長距離弾道ミサイル「光明星3号」これは確実に技術の進歩が見られる。

回を重ねるごとに核兵器の小型化が進んでいるとみられ、ミサイルの射程距離も伸びている。国際社会の制裁にも耐え、金正恩第1書記は核ミサイル開発に突き進んでいる。

今回の核実験の評価は。

水爆実験の前段階の実験という可能性は残る。原爆の100~1000倍の威力といわれる水爆の実験をしたとする北朝鮮の主張は疑問だ。水爆と同じ核融合技術を使った「ブースト型核分裂弾」の実験をした可能性はある。北朝鮮の核分裂や核融合の技術力は、日進月歩で進んでいると見た方がいい。

核兵器開発の意志があり、かつ実験を成功させている。周辺国に与える心理的な影響は無視できないし、日本の安全という観点からは脅威だ。韓国で、少数派ではない与党の国会議員が自国の核武装論を唱え始めている。日本の安全保障環境は相当大きく変わりつつある。
4回の核実験で小型化も進んでいるだろう。

核兵器を戦力として持ちたい全ての国は、弾頭の小型化を進める。

北朝鮮も意志が十分にあり、技術力が十分にあることを考えると、小型化を既に終えているか、直前だとみられる。

こんなコメントが見られるように北朝鮮の核ミサイルぎ技術はかなり進歩してきたと言わなければならない。

これに対しての日本の国防は??

自衛隊の装備は残念ながら現状では迎え撃つものはない。

完全にアメリカ頼みである。

しかも核ミサイルが日本に着弾した後になる。

アメリカは同盟国の日本のために反撃をしてくれるのだろうか?

それは必ずやってくれるか不明である。

そうなると、今の日本は、打たれっぱなしで、殺されっぱなしと言う事になる。

こんな国に住んでいて「皆さんは納得してますか?」

僕はいやだな~

なんの抵抗もできないで死んでいくのである、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」その国の人の打った核ミサイルで消滅されるのである。

こんなのいやだ~

そう思いませんか?

それで、今からお願いです。

とにかく対抗手段をやってください、国会議員さん。

あなたたちは国民の生命と財産を守るために選ばれたのですよね!

だったら行動してください。

戦う組織が必要なら、憲法を改正して自衛隊を軍隊に、

装備が足りないなら、準備して。

開発も含めて早く取り組んでください。

もう、北朝鮮は待っていないような気がします。

領主様の気分でミサイルを打ってきますよ!

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用