スマホ用

蓮舫議員よ今すぐ代表戦を降りなさい!

蓮舫議員は総理大臣として適格か!

民進党の代表戦が行われている中、蓮舫議員の国籍問題で彼女は台湾籍は抜いている、としていろいろその場限りの説明をしてきた。

そんな中で、結局現在は台湾籍を残したままだと発表した。

現在代表戦は15日投票日に向かって終盤戦を戦っている最中であるが、

説明のあった13日は、地方議員や党員・サポーターの郵便投票の締め切り日でもあった。

蓮舫氏は自分の国籍問題で説明がズルズルとはっきりせず説明を後回しにしていることは、民進党の体質をよく表している。

あの、3.11で原発の事故を過少に発表し、メルトダウンなどははっきりと意図的に遅らせた事実が発覚したのは最近の事である。

あの時の民主党政権、菅総理大臣をはじめとする政権与党そのものが事実隠しに加担していたのである。

その体質が、今回の代表戦・蓮舫氏の国民をないがしろにする態度によく表れている。

こんな人が、もしかしたら総理大臣になるかもしれない代表戦で戦っている。

私には理解できない。

こんな疑惑の迷走で何が代表だ!

こんな人たちの居る政党など二度と政権を取らせてはいけない。

ましてや、日本の、日本人の生命と財産を預ける人たちに、自分自身のことも潔白できない人たちが、

崇高な指名で国民を守ってくれるとは思えない。

自分の都合で、あっちこっちをたらいまわして挙句の果ては、ぶっ壊して政権を放り投げる。

前政権 「民主党」そのものである。

どうか良識のある民進党議員の皆さん、党員のみなさん、サポーターの皆さん。

あなた方の力で、民進党を変えてください。
よく政党は選挙に敗れると「解党的出発!」などと言うが、解党した政党はない。

国民に受け入れなくて「消滅」した党はたくさんあるが・・・

私は、民進党もここまで来たら「解党」すべきと考える。

なぜなら、代表戦でこのいい加減さである。誰が信じるか!

国民を馬鹿にしていると感じない政党には明日があるとは思えない。
志を立てて国会議員になった皆さん、

あなたたちは私利私欲で国会議員になったのですか?

どうか初心に戻ってください。

———————

「日本維新の会」の皆さまへ!

いよいよあなたたちの出番です。

はっきりと思想をもって活動をしている皆さま、日本をしょって立つ時が来ました。

私はそう思っています。

地域政党から全国に活動の場を広げ、

元橋本代表の個人の志から全国への挑戦は大変と思いますが、

是非地域も大切ですが、日本をしょってください。

第二極はあなたたちに集合してほしいと私は思います。

よろしくお願いいます。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用