スマホ用

民進党よ解党したらどうですか?

最近の国会の審議、とりわけ民進党の質問にはあきれてします。

特に、憲法問題においては、本当にこの党は、議会制民主主義とか国会とかの意味を理解しているのだろうか?

議会制民主主義とは国民に選ばれた政党の議員が集まって国政について議論することで成り立つ。

国政の最重要議題は、憲法である。

民進党の前代表の岡田氏の「憲法について安倍政権の時代には議論しない」と言っていた。

安倍政権は、国民の圧倒的支持を得ているのに、その党首、総理大臣に対して、

「議論しない」とは国会軽視もいいところで、国民軽視である。

多勢に無勢では不利だからと言う事なのだろうか?

今の民進党の野田幹事長は「自民党が出している憲法草案を撤回するのが議論の前提だ」と言う。

ごの自民党草案は、自民党が下野している時に草案されたものである。

自分たちは、かけらも出せないで批判ばかりである。

そもそも、憲法改正と言うものは、それぞれの党が、

自分たちの案をまとめ、持ち寄って、全体の構想、、個別の項目のすべてにわたって議論していくものであると思う。

岡田氏、野田氏両方の言い分は「憲法は今少数だから議論したくない」という感情論にすぎないではないか?

しかし、常識で考えても70年間、一度も憲法を改正しないできた国は存在しないではないか。

これもアメリカの「WGIP」のせいではないか?

民進党の人たちの多くは、いまだにこの呪縛にとらわれているのではないか?
内政上、外交上も国の姿勢を変える必要がならない事情が出て来るのは当然である。

その時に自分たちが責任をもって審議するのが国会であり、政党である。

自分たちが多数をとっている時にしか改正しないと思っているなら、無責任である。

こんなご都合主義には、国民の支持は集まらない。

国家破壊革命思想をいまだに隠している共産党と手を結ぶなどは、

まさしくその国政を受け持つ気のない政党に堕した政党と思えるのは私だけではないだろう。

もう国民はあきらめたのである。

民進党に政権を任せることはない!!!

潔く解散ししたらいいのではないでしょうか!!

そして、改めてこの領土と、国民の生命と財産を守る政党を思っている人だけで、

新党を立ち上げてください。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用