スマホ用

蓮舫代表説明責任はどこへ行った!!二重国籍問題!!

民進党は解散したらどうですか?党首が国籍を明らかにできないなんて!!

日本維新の会の足立康史衆院議員が3日の衆院予算委員会で求めた「国籍の宣言」を開示しないと記者会見で明らかにした。

こんにちは楽しみ太郎です。

これって、おかしくないですか??

自分が追及するときは、説明しろ!!と言うのに、自分の事、

しかも一番大事な国籍問題を、国会議員の国籍問題ですよ!!

日本国籍を宣言していればそれでいいだけで、自民党の小野田議員のように「戸籍謄本」を公開すればいいだけではないか?

まだ、「二重国籍」じゃないの??!!
だから開示できない!!と疑っちゃいますね。

これっておかしくない!

民進党はどこの政党か!、台湾の政党か!

私は台湾、および台湾の人を嫌いなわけでも、差別する気もないが、

むしろ好きな国です。
だからこそ蓮舫代表には説明をきっちりしてほしい。

このままだと、もう、誰も信じませんよ。

蓮舫代表はもとより、民進党も!!

あなたたちは解散してください。!!!

この国の政党ではありません。外国人が党首となっている政党なんて茶番以外何物でもないでしょう!

民進党「解散!!」です。

それがこの国のためです。

思えば、この政党は日本にとって不利なことばかりやってきました。

政権を取ってからやったことでいいことがありません。

沖縄 普天間基地問題

東日本大地震の対応不足

福島 原発問題

尖閣諸島問題

憲法改憲問題

どれもあなたたちがもめる要因を作ったのですね!!??
今、それを解決するのにどんだけ現政権が頑張っているか!!
恥ずかしくありませんか??

国会議員として。

蓮舫代表!!あなたは「二重国籍」を隠して都民から100万票以上を集めたのですよ!!

これって、詐欺じゃないですか??

説明しないですか!
あなたの得意な「説明責任」ですね。
二番じゃダメなんですか?

自民党の小野田議員は説明しましたよ!

お願いしましす。

日本国籍を宣言したことを証明してください。

今回も最後までありがとうございます。

今回の報道です。

<産経ニュース>

日本維新の会の足立康史衆院議員が3日の衆院予算委員会で、「蓮舫氏が国籍法で定めた『国籍の選択宣言』をしていない疑惑がある」と指摘。

宣言した日を証明するため、戸籍謄本の内容を説明するよう求めていた。
民進・蓮舫代表 戸籍説明せず「極めて個人的な件」 二重国籍問題で維新が証明求めたものの
民進党の蓮舫代表は6日の記者会見で、日本国籍の選択を宣言した日が明記されている自らの戸籍について、「極めて私の個人的な戸籍の件に関しては、みなさまの前で話をしようとは思っていない」と述べ、内容を説明しない考えを明らかにした。

蓮舫氏が9月まで日本国籍と台湾籍を持っていた「二重国籍」問題をめぐっては、日本維新の会の足立康史衆院議員が3日の衆院予算委員会で、「蓮舫氏が国籍法で定めた『国籍の選択宣言』をしていない疑惑がある」と指摘。宣言した日を証明するため、戸籍謄本の内容を説明するよう求めていた。
蓮舫氏は会見で、昭和60年1月に日本国籍を取得した点に関連し、「私は日本国籍を取得した時点で、全ての事務作業が終わったと思っていた」と説明。「ただ今回、いろいろご指摘があって、台湾籍が残っていることが明らかになったので、台湾籍の放棄を急ぎ、実際に籍が抜けたことになったので、区役所に届けたまでだ」と述べた。

国会議員の二重国籍問題をめぐっては、自民党の小野田紀美参院議員が日本と米国の二重国籍状態を指摘され、4日に自身のフェイスブック(FB)で戸籍謄本を公開した。

謄本には「【国籍選択の宣言日 平成27年(15年)10月1日】」と記されており、小野田氏はFBで「(今年7月の参院選)立候補前の平成27年10月に日本国籍選択と米国籍放棄手続きを役所で終えました。戸籍謄本にも国籍選択が完了している旨が記載されております」と説明している。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用