スマホ用

「中国大脱出!!」に日系企業が撤退の環境整備を求める!

過去最大規模の財界訪中団の要望書に中国ネット「日系企業が中国大脱出?」と大騒ぎに!

9月下旬、日本の主要企業トップが訪中して政府要人と会談した。

その際に日本側が中国市場から「撤退」する際の環境整備を求めたことが波紋を呼んでいる。

身勝手な中国のネットでは相変わらずである。

中国のネット上では「出たいなら出ていけばいい」といったいつもの強気の反応が盛んでている。

また、ネットメディアも「中国市場を失った日本企業が、どうやって欧米企業などと競争できるのか?」などと日本側の非難の意見が目立った。

その一方で「本当に日本企業が大規模に撤退したら、中国企業は必ず損害を受ける」といった“本音”もあった。

%e5%b7%a5%ef%bc%93pic_cement2_01

中国進出では、その契約の不透明さをわからず、進出しても成果が出ず撤退しようとしてすべてを失った、中小企業が後を絶たない。

この報道は、日本ではあまり報道されない。

なぜか!!

なぜ日本のメディアは報道しないのか?

何とか、日本から中国に投資をさせようとしていたのではないか?

どんな人たちだろうか?

反日日本人????

日本を貶めて喜んでいる人?

もしくは、そのことで利益を得ている人?

中国人は狡猾でしたたかだ、お金と技術をとれば日本は貧乏になる。

そして、自分たちはお金をもって、日本買い!!

日本を恫喝!!

領土の侵犯などは想定内である。

まんまと乗せられた!!

中国人と、半日日本人に!!??

かつて半日日本人???!!とメディアは

中国進出の後押しの時はあれほどいいことばかりを報道してたのに!?

撤退の不整備などはあまり報道を見なかった。
もう、ほとんどの企業、特に製造業は投資を止めるべき!

もしくは、撤退すべきと、私は思う。

撤退の際は、今の設備等の経営資源はただで置いてくることになる。

中国はそんな国だ!
そして、中国で必要とする物は製品を輸出すればいい。

製造ノウハウをかなりの部分を取られてしまったが、まだ間見合う。

彼らに与えた製造ノウハウは彼らの軍事力を強くしただけである。

ここを肝に銘ずべきである。
もうモノづくりの神髄は伝えるべきでない。

そのことはすでに現れてきているではないか?

今の尖閣諸島を見ろ!

南沙諸島を見ろ!

牙をむいてきた中国軍を!

もう早く行動すべき時である。

経営者には、中国市場は魅力的なのはよくわかります。

私は、工場は撤退しろと言ったが、商売もやめろとは言わない。

工場は日本でも、東南アジアでもいい、

とにかく中国で作らなければいいのだ。

作るならすでに渡った技術だけで作り、足りないのは日本から持ち込めばよい。

とにかく新しい製造技術は持ち込まない事である。
経営者の皆さん特にお願いします。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用