スマホ用

米国で始まった中国企業の買収禁止勧告!日本も始めよう!

アメリカで始まった自由主義への回帰と防衛!

アメリカ議会の米中経済安全保障調査委員会は中国企業の中国の国営企業による米企業の買収を禁止するべきだと議会に勧告した。

中国企業の進出は自由貿易体制のスキを突いた国家資本の買収活動である。
国家が買われる事態に発展しているのを見落としてはいないか?
自由貿易は、自由主義・資本主義社会で通用する仕組みで、

共産主義、国家主義には通用しない。

民間競争ではないからだ。

アメリカはその資本主義の強力さゆえに違和感を持たなかった。

あれだけ、日本がニューヨークのビルを買収した時は大騒ぎしたのにである。

中国国家資本のアメリカ企業買収は、国家の売却に他ならない。

グローバル化の掛け声に踊らされた社会!

資本主義の、民間売買ではないのだ。

気が付かなかったのは、大国のゆえである。

アメリカはその規模が世界最大である、ゆえにきずかない。

シロアリにむしばまれていることを。
中国国家資本企業に、アメリカ企業が買われる。

今までなら、経済活性と喜ばれていた、

しかし、中国国家資本は、国家安全上問題である。

そのことにきずいたのである。
日本も早く気づけ!

国土が買われ、企業が買われれば、日本はその国の物になる。

それが理解できないのか?

日本に警鐘!!、政府に意見!
国民に水をぶっかけよう、目を覚ませ!
国家が危ない!!。
人のいい時代は終わりを告げようとしている。

1人1人の日本国民の思いとは裏腹に、世界は悪い方に動いている。

中心は「中国」に他ならない!

中国覇権主義、中華思想!これに他ならない。
思想的に中国は共産主義と言っているが、

中国は、「覇権主義」なのである、「中華思想」そのものが覇権主義である。

共産思想とは後の取ろ入れた考えだけの事である。
いま中国の覇権主義がその本質を表している。

世界の秩序を変えようとする動きだ。

これを抑えるには、中国経済の縮小をしなければならない。
中国経済の破綻!!これは世界恐慌に近い現象になるかもしれない。

しかし、今やらないと、戦争が起きる!

中国はそれを狙っている。

国連などどうでもいいと思っている、歯止めなどない。
ロシアのプーチンも同じである。

2人の覇権主義者。

この出現が、現実の戦争を生むことになる。

抑止力の頼りアメリカは、指導者の低下が著しい。

富あふれ、自由で過ごしやすく、世界一の軍隊を持つ国!アメリカ。

ゆえに衰退した。

最大の衰退は人間である!

指導者の衰退!これは国家存亡に結び付く。
国家が強大であればあるほど、激しく衰退する。

他国、他民族の侵略に合う。

これは、人類の歴史に他ならない。
今、我々はその歴史に立ち合っているような気がしてならない。

中国の進出を食い止めよ!

経済の発展を、技術の発展を止めるのだ!!

それしか方法がない。
いや、あるとすれば、中国の誘いに乗り、

最後の戦争に突入するのだ。

そこでの勝利しかない。

果たして、指導者のない組織の勝利はあるのか?

そう思うと、今は、中国企業の、企業買収、土地の買収を止めるしか方法がない。

今すぐに実行しないと低遅れになる。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用