スマホ用

安倍総理・トランプ氏会談「信頼できる」発言に注文?自身の国籍問題がある舫代表。

安倍総理のトランプ氏「信頼できる」発言を否定?自身の国籍を明らかにしない蓮舫代表

%e5%ae%89%e5%80%8d6

安倍総理、トランプ次期アメリカ大統領と会談!

トランプ氏の自宅のあるトランプタワーで約1時間半会談した。

TPPや、安全保障問題等広範囲の事について意見交換した。

民進党蓮舫代表は安倍総理が会談後『信頼できる指導者だと確信した』と語ったことに注文付けた。

%e5%ae%89%e5%80%8das20161118000709_comml

スポンサードリンク


安倍晋三首相は17日夕(日本時間18日朝)、米ニューヨークでトランプ次期大統領と初の会談を行った。

アメリカ次期大統領の就任前に会談するのは異例なことである。

安倍総理はトランプ氏との信頼関係を築くのが最大の目標と語った。

世界の指導者が就任前のアメリカ大統領と会談する事はまずないと言う。

今の時期、大統領就任時のスタッフの構築に大変な時間がかかり他国の首脳と会談などしている暇がないのが実態だろう。

会談はトランプ氏の自宅のある、トランプタワーで行われた。

会談時間は約1時間半。1対1で同席は通訳のみで行われた模様。

その中で、TPPについては、貿易・投資のルール作りを日米がけん引する必要性を強調舌とされ、

日米安保体制は「米国のアジア戦略の要であり、その強化は米国にも利益をもたらす」との認識を伝え、理解を求めたようだ。

安倍総理は、その他、各方面の件で意見を好感した模様で、

日米同盟のあり方に関連して「同盟は信頼がなければ機能しない。トランプ氏は信頼できる指導者と確信した」と強調した。

民進党の蓮舫代表は会談後の記者会見の発言を聞いて注文を付けた。

安倍総理の「トランプ氏は信頼できる指導者と確信した」事に、

「何をもって信頼できるのか? 詳しく説明する義務」と注文を付けた。

蓮舫代表は、自身の「二重国籍問題」すら発表しないでいるのにである。

信用できるか?などと言う前にご自身の身元のあかしを「信用」できる形で説明してほしいのだが・・・

%e8%93%ae%e8%88%abimg_22ca34a1aaa2b74485c3342abc168d4c74155

いまだに発表がない。

それで、安倍総理の発言に注文付けるとはいかがなものか。

まず、ご自身の「信用」を確立してほしい。

こう願うのは私だけだろうか?

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用