スマホ用

トランプ氏「TPP離脱」表明!就任後すぐに、アジア重視を!

トランプ氏「TPP離脱」表明!就任後すぐに、どうする日本!

%e3%83%88%e3%83%a9donald-trump_003

トランプ氏の「TPP離脱」表明のニュースが入ってきました。

就任初日の「TPP脱退」を宣言 当選後初めて明言

<産経ニュース>

【ワシントン=小雲規生】トランプ次期米大統領は21日、ビデオメッセージを発表し、来年1月20日の就任初日に「環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)から脱退する意志を表明する」と宣言した。トランプ氏が大統領選後にTPP脱退に言及するのは初めて。

トランプ氏はメッセージのなかで「就任初日に起こせる行政府としての行動」を列挙。その一番目の項目としてTPP脱退の宣言を挙げた。そのうえで雇用や産業を米国に取り戻すため、二国間での自由貿易協定を目指すとしている。

トランプ氏はこのほか、シェール開発や石炭産業への規制の緩和、インフラ設備へのサイバー攻撃の防止計画の策定、ビザ制度の悪用の調査を打ち出した。また行政府からの退職から5年間はロビイストになることを禁止し、政府が新たな規制をひとつ作る際には既存の規制を2つ廃止するルールも定めるとしている。

トランプ氏は政権移行の準備状況について、「極めてスムーズで効率的かつ効果的に」進んでいると強調。次期政権の原則は「米国を最優先させることだ」として、次世代の生産活動や技術革新が米国内で起こる態勢を整えるとしている。

トランプ氏の「TPP離脱」表明にどう向き合うか!

大統領選挙中に表明した公約とはいえ、

この時期に表明するとは、どんな狙いがあるのだろうか?

アメリカ経済優先政策表明?

「TPP」はメリカにとって、と言うよりは、

グローバル企業、グローバル資本にとって好ましい条約と言えるだろう。

世界中に張り巡らせた、情報網により、国家の政策よりも、

自分たちの意向を反映させられる条約である。

アメリカの資本がこれを許すのだろうか?

資本家のトリンプ氏が実行するのは?が付くはずだが・・・

日本はどう付き合うか?

私は「TPP」の必要性は、経済協定で中国を包囲するのが最大の目的と思う。

個々の市場の問題ではなく、中国抜きで経済圏を作る。

これが重要と考えている。

中国がここまで強大になったのは、アメリカの資本投資と、日本の技術移転である。

これを考えると、今からでも遅くない、

中国よりほかの地区に軸足を移動させる必要があると考える。

「TPP]は中国はずしに効果があると考えている。

日本にとってはそれ以上の参加する理由はない。

それ以外はほかの国家との個別の経済協定を結べばよい。

アメリカが「TPP」不参加となれば、

日本はアジア中心の条約に変更する必要があるのだろう?

日本も、無理して承認しなくてもよくなったのではないか?

ここまで「TPP」条約承認が国会で進んでいる以上やめられないと思うが・・

これからは、インドを中心にした東南アジアとの貿易協定を進めてほしい。

それが日本の業界にとって良いことではないかと思う。

一番大事なのは、国内の経済の活性化である。

人手不足と言って外人部隊に助け求めるのは間違いである。

国内の生産性向上が肝心であろう。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用