スマホ用

韓国朴槿恵大統領の退陣が秒読み!相手にしない。

韓国はいずれ中国に飲み込まれる。覚悟を決めて自己防衛を!

%e6%9c%b4%ef%bc%93619e4_1110_20161129-172130-1-0000-cm
韓国では朴槿恵大統領の弾劾裁判の行方が問題になっている。

朴大統領の友人の不祥事で、毎週末に約100万人規模のデモが起き、

政権がゆすぶられ退陣に追い込まれている。
最も悲惨な弾劾裁判も視野に入ってきている。

いずれにしろ、朴政権はすでに死に体である。

もはや、政権の機能は発揮していない。

%e6%9c%b4%ef%bc%93img_3

スポンサードリンク

韓国の政権が変わるわけだが、現状のままとはいかないだろう。

私は親北朝鮮政権ができるのではないかと思っている。

その後、南北共に中国に飲み込まれることになると予想している。

したがって、今から覚悟をもって国防を考えてもらいたい。

中国は尖閣を狙っているのは周知の事実で、

この防衛が日本の生命線になる。
ここを防御しつつ、対韓国の防御を考えなければならない。

大変な時だが、自分の国である。

アメリカが守ってくれるわけではない。

アメリカ軍は、自分で守らない日本は守らない。

トランプ次期大統領はたぶんそうだろう。

日本人は自国を自分で守る覚悟が必要になって来たのだ。

朴槿恵氏が「弾劾可決に覚悟」表明、与党代表との会談で4月退陣受け入れも…

<産経ニュース>
【ソウル=桜井紀雄】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は6日、友人の崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件に絡み、「弾劾訴追案が可決されても覚悟ができている」と述べた。与党「セヌリ党」の李貞鉉(イ・ジョンヒョン)代表らと大統領府で会談した席で表明した。

党が決めた来年4月の退陣方針を「受け入れる」とも述べたが、野党だけでなく、与党内で朴氏と距離を置く非朴派は9日の弾劾採決に傾いており、可決は不可避と判断したもようだ。

弾劾が可決されれば、大統領権限が停止され、憲法裁判所が最長180日間の審査に入ることになり、国政停滞の長期化が避けられない。

12月の日本開催で調整中の日中韓首脳会談にも出席できなくなる。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用