スマホ用

日露首脳会談は成功?失敗?北方領土は戻らない!?

安倍総理とプーチン大統領の会談の結果はどうなのだろうか?

失敗だとして、北方領土問題は後退したという人。

いや、経済協力と、元島民のビザなし渡航は成功に入るという人。
私は、期待を込めて、表面では結果無し。

裏では、進展していると見たい。

「関連記事はコチラ」:日露首脳会談北方領土進展なし?経済協力進展。会談定期化?

確かに、会談が決まった当初は北方領土について何か具体的なことが起こる期待を持たせた。

日本側がはしゃぎすぎたのだ。

ロシア側は、それをよく思わず、火消にかかった。

結果、表の階段から北方領土の話題がなくなったように思う。

安倍総理も少し慌てたに違いない。

それから会談までは、北方領土の問題は悲観的になり、

経済協力一辺倒の様相が伝えられた。
実際に、事務方の会談準備は、

経済協力の詰めの話題ばかりだった。

8項目の協力で3000億規模の協力が決まったとの報道が躍った。

北方領土の問題問題は棚上げにされた様子で、

会談当日を迎えた。

一日目の実際の会談は発表されたものに尽きるのだろうが、

私は、ここで安倍総理と、プーチン大統領との間で結構突っ込んだ話があったと思う。

ただし、公表はしない。

時間をおいて(経済協力の成果を見て)、少しづつ4島の帰属や主権の話題が出てくるのだろうと思いたい。

そのためにプーチン大統領は経済問題だけをスピーチした。

これは、ロシア国内向けであると思う。

スポンサードリンク


私は一連の会談で、やはり自国の防衛は自国でできないいけないと思った。

他人任せの国家防衛は、信用が低いのだと思う。
日本は特に、自己防衛を国民が拒否する世界では珍しい国だ。

第二次世界大戦後の思想教育で

日本人の精神を徹底的に破壊されたからに他ならないと思う。
個人のことにして考えるとよくわかると思う。

我が家は「安全」の家訓があるから泥棒や強盗は入らない。

と言って、鍵もかけず。窓も開けたままで全員出かけている。

こんな家を現代の誰が信じるだろうか?

個人の自己防衛という最低限のルールを守ることもしない人のことを。

強盗や泥棒に入られたら自業自得と言って笑わられるのが落ちである。
今の日本はこんな状態である。

だから、最後のギリギリのところで信頼を得るのは大変だと思う。

自己防衛のために約束を反故にするかもしれないのだ。


ロシア(ソ連)だって条約を破った国だ!

その国が、今、平和条約の締結を結ぼうとしているのだ。

日本が一流国にならないと、まともな条約は結んでくれない。
一流なのは経済だけなので、経済協力の約束はみな結んでくれる。

当たり前の話である。
ロシアとの交渉では、

国防も一流の国になる必要があると思う。

早く憲法改正を実行してもらいたい。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用