スマホ用

沖縄が中国に狙われている!公安調査庁警告!翁長知事の陰謀!?

やはりそうだった、公安調査庁警告!沖縄が中国に狙われている!

<中国化を狙っている?>
警戒強化を 公安調査庁がことしの「内外情勢の回顧と展望」公表。

サイバー攻撃手法が多様化

「中国に有利な世論を沖縄でつくることによって日本国内の分断を図る狙いが潜んでいると見られる」と注意を喚起しています。

スポンサードリンク


やはり中国は沖縄を狙っていた。

代表は翁長知事だろう?

ご存知のように、知事の娘婿は中国共産党の幹部の息子である。

関連記事:これが県知事か?翁長知事基地返還出席せず。約束破る知事!

娘さんの結婚を機に翁長知事は那覇に4本爪の龍柱作った。

日本人の税金を、中国産の石材を使って中国の業者が製作たのだ。

当然、事業費も中国側に流したのだろう。
翁長知事は、中国の属国になり、初代沖縄酋長となりたいのですね。

だから、翁長にとって日本政府は敵。

常に反日活動が中心となっている。
公安はサイバー攻撃も巧妙になり、

あらゆる情報がとられている。

また、沖縄も分断作戦が進行していると報告している。

まさしくそのように感じる。

私は沖縄が好きで、毎年沖縄に行っている。

今年も行ったが、中国の話題が多くなっている気がした。

友人もいるのだが、本当に中国との交流みたいなのが多くなったと言っていた。

中国人も知らずに増えているようだ。

と言っている。

沖縄の皆さん、

翁長知事は、中国の属国を目指していますよ。

賛同している皆さんも中国化したいのですか?
中国化はチベット民族のような深刻な事態に沖縄県民を追い込みますよ。

理解してくださいね。

いい思いをする人は、翁長さん家族だけですよ。

<チベット民族に対する拷問?>

サイバー攻撃手法が多様化 警戒強化を 公安調査庁

NHK NEWS WEB

公安調査庁は、ことしの「内外情勢の回顧と展望」を公表し、サイバー攻撃について、国内外で個人情報の流出が相次いでいるほか、銀行のシステムを攻撃して不正に送金させるなど手法が多様化していて、一層の警戒強化が必要だと指摘しています。
公安調査庁は、ことしの「内外情勢の回顧と展望」に初めてサイバー攻撃の項目を設け、近年国内外で相次いでいるメールアドレスやパスワードなどの個人情報の流出は、背後に国家の意図がある可能性も否定できず、流出した情報に基づいた先端技術や機密情報の不正取得につながりかねないとしています。

また、バングラデシュの中央銀行のシステムを攻撃して不正な送金指示を出すケースや、インターネットに接続された機器を介してサーバーを攻撃し、接続できなくするケースなど、手法が多様化しているとしたうえで、東京オリンピック・パラリンピックをにらんで国内でも一層の警戒強化が必要だと指摘しています。

このほか在日アメリカ軍基地が集中する沖縄県をめぐり、中国の大学やシンクタンクが、沖縄の独立を求める団体の関係者と交流を深めているとしたうえで「中国に有利な世論を沖縄でつくることによって日本国内の分断を図る狙いが潜んでいると見られる」と注意を喚起しています。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用