スマホ用

中国空母西太平洋へ!沖縄危なし、国防増強急げ!

中国空母実践へ!我が国は防衛力の増強を急げ!

24日西太平洋へ中国初の空母「遼寧」の艦隊が実戦的な訓練を行っていると強調し発表した。

いよいよ来た!

中国の力による圧力だ。

スポンサードリンク

中国は、公安が発表しているように、

沖縄では反日日本人と結託して

沖縄独立運動を展開している。

もはや中国は、

はっきりと沖縄を取りに来ている。

気が付け、沖縄県民!

翁長知事は、中国人の娘婿と連絡を取り合って、

アメリカ軍の沖縄撤退、を画策していると思われる。

だから、米軍基地が返還されても反対しているだ。


沖縄から、アメリカ軍を撤退させ、

沖縄独立と称して、中国軍の駐留を求めようとしている。

その画策をしているのではないか?。

とにかく現在は、本土の中国勢力と結託して、

沖縄を孤立させている。

政府へ反対闘争をあらゆる場面で行っている。

中国が、海、空でその軍事力を誇示している。

もはや恫喝に近い。

翁長知事はこれに乗っかって、ますます反政府を強めるだろう。

沖縄県民は、危機感をもって対応してほしい。

中国人は、チベット民族をどう扱っているか知ってほしい。

あなた方の身に降りかかることになるかもしれない。

今防がないと、現実になる。

反日日本人に惑わされるな!

全部中国人の工作だ。

翁長知事一派の、県紙2紙の陰謀だろうと思う?

きちんと判断してください。

中国、空母「遼寧」の実戦能力誇示 研究・訓練用から進化

中国メディアは、西太平洋に24日向かった中国初の空母「遼寧」の艦隊が実戦的な訓練を行っていると強調している。当初、国産空母開発のための科学研究や試験、訓練用との位置付けで就役した「遼寧」が、一定の実戦能力を備えるまで進化したことを示す狙いだ。

中国メディアは空母艦隊が24日までに、黄海や東シナ海で海上補給訓練のほか、艦載機「殲15」による離着艦や空中給油などの訓練を行ったと報道。「体系化、実戦化された組織的な訓練方法」の習得が狙いだと指摘した。空母艦隊による初めての実弾演習を渤海で実施したことも今月中旬に伝えている。

25日付の中国共産党機関紙、人民日報は1面で航行中の遼寧の写真を大きく掲載。海軍報道官が、西太平洋に向かったと発表したことを伝えた。(共同)

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用