スマホ用

「和解の象徴」真珠湾と安倍総理演説。次は真の独立だ!

「パールハーバーは和解の象徴」と安倍総理演説、真の独立目指そう!

27日、安倍総理はアメリカハワイの真珠湾に立ち慰霊の献花と、演説をした。

オバマアメリカ大統領とともに、戦艦アリゾナの記念館で献花したのだ。

その演説では「和解の象徴、パールハーバー」としなければならないとした。

スポンサードリンク

ここに、戦後は完全に終了し、確固たる同盟を確認した。

戦後71年、日米は戦争の悲惨な経験を次の世代に受け継がせるわけにはいかない。

「日米はいまこそ寛容の大切さと、和解の力を、世界に向かって訴え続けていく任務を帯びている」とした。

ここに日米同盟の絆を強めたことは間違いない。

あとは、日本の確固たる独立である。

憲法改正をして、自分の国は自分で守る当たり前の体制を作ろう。

これから目指すは、どの国にも左右されない国家作りだ。

そのためには、憲法改正が必要だ。

特に中国があからさまに来ている以上早く固めなければならない。


今回の安倍総理の真珠湾訪問は大変意味のあるものになった。

本当に、今、安倍総理でよかったそう思う。

まだしばらく、健康に留意して頑張ってほしい。

安倍晋三首相が真珠湾で演説 「パールハーバーは和解の象徴」「世界は和解の力を必要としている」

【ホノルル=田北真樹子】安倍晋三首相は27日午前(日本時間28日午後)、米ハワイ・真珠湾のキロ埠頭で演説し、かつて敵同士だった日米を結びつけたのは「寛容の心がもたらした『和解の力』だ」と述べ、「日米はいまこそ寛容の大切さと、和解の力を、世界に向かって訴え続けていく任務を帯びている」と訴えた。

安倍首相の演説は「和解の力」と題し、オバマ大統領とともに真珠湾の追悼施設「アリゾナ記念館」で献花し、黙祷をささげた後に行われた

首相は、昭和16(1941)年12月8日(ハワイ時間7日)の旧日本軍による真珠湾攻撃の犠牲者に対し「この地で命を落とした人々の御霊に、ここから始まった戦いが奪ったすべての勇者たちの命に、戦争の犠牲となった数知れぬ無辜の民の魂に、永劫の哀悼の誠をささげる」と述べ、戦争の惨禍を二度と繰り返してはならないとの「不動の方針」を強調した。

その上で、真珠湾攻撃に参加して戦死した日本海軍士官の勇気をたたえ米軍が墜落現場に記念碑を建てたように、日本の戦後復興と国際社会への復帰を支援した米国民の「寛容の心」に「心からの感謝を申し上げる」と述べた。

首相は「憎悪が憎悪を招く連鎖はなくなろうとしない。寛容の心、和解の力を世界はいまこそ必要としている」とも指摘。寛容の大切さと和解の力を訴えていかなければいけないからこそ「日米同盟は『希望の同盟』なのだ」と説明した。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用