スマホ用

このまま国交断絶もありか!駐韓大使帰任見送りを支持する。

駐韓大使帰任見送りは当たり前だ、慌てることはない。

釜山の総領事館前の慰安婦像に対しての大使帰国に関し、

政府は、駐韓大使帰任見送をきめた。

断固として強い対応を望みたい。

スポンサードリンク

そもそも、慰安婦の問題は、

2015年12月28日、岸田文雄外相が訪韓し行われた外相会談で、慰安婦問題の決着を見た。

日韓両国外相は会談の後、共同記者会見を行い以下の内容を発表した。

(1)慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決を確認する。

(2)軍の関与の下、多数の女性の名誉と尊厳を傷つけた問題として日本政府は責任を痛感する。安倍内閣総理大臣は心からのお詫びの気持ちを表明する。

(3)元慰安婦を支援するため、韓国政府が財団を設立し、日本政府が10億円程度の資金を一括拠出する。

(4)両国政府は今後、国連など国際社会で本問題について互いに非難、批判することは控える。

(5)少女像については、韓国政府が関連団体との協議を通じ解決に努力する。

この合意を受けて、両首脳は電話会談を行い、この合意を歓迎するとともに今後日韓関係を未来志向の関係としていくことを確認した。
このように、解決済みの問題である。


しかし、韓国国民はゆすりたかりの得意な国民である。

いや、それでしか自国民の優位性を表現できない人達である。

まことに卑しい国民と思える。

しかし当の韓国人は当たり前と思っている。

日本人のように、恥の文化はない。

だから、日本人とは合わない性格である。


こんな国民と付き合う必要はただ一つ隣国であるということである。

だから、付き合いはほどほどにすべきだ。

今回のような問題はいつでも起きる。

付き合えば付き合うほど起きるだろう。

だから、ほどほどで良いのだ。

今回の問題も、のんびり構えていればいい。

そのうち向こうから何らかの動きがあろう。

それから考えてもいいのだ。


私は、のんびり構えておればいいと思う。

外務省も、腹をくくってほしい。

かつての先人のように、どっしりと行こう。

駐韓大使帰任、今週見送り 首相ら「先に動く必要なし」
2017年1月19日15時19分 朝日新聞デジタル

安倍晋三首相は19日午前、首相官邸で岸田文雄外相と会い、韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦を象徴する「少女像」が設置された問題の対応を協議した。一時帰国させている長嶺安政・駐韓大使らの帰任については今週内は見送る方針を確認した。日本政府関係者が明らかにした。

関係者によると、首相と岸田氏は「韓国側の姿勢に変化はなく、日本側から先に動く必然性はない」という意見で一致した。日本政府は、韓国政府が釜山の少女像の撤去に向けた対応をとらないのは、2015年末の慰安婦問題に関する日韓合意の精神に反しているとの立場。韓国の地方議員が竹島(韓国名・独島〈トクト〉)に少女像を設置するための募金運動を始めたことなどもあり、対処方針を慎重に検討する考えだ。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用

コメント

  1. 田中 より:

    日韓合意と言ったが、書面もないし、日本の義務は具体的なのに、韓国側は努力目標だけ。完全な日本側の謝罪賠償にしか見えなかったのに、コメンテーター、評論家の良かった一歩前進ばかり、違和感あった。
    今になって慌てて何の効果もない遺憾の連発、信じられない。素人でも想定できた
    どうせ大使はすぐ戻ると韓国は想定済み。だから何もしないだろう。
    政府は、中国の韓国対策を学び、実効性のあることをしてほしい。