スマホ用

民進・追及テーマ募集の結果が笑える!「二重国籍」「ガソリーヌ」「ラブホ連れ込み疑惑」!

これが現実の国民の感情だ!

国民政党になるには、疑惑を晴らして出直すのが最善である。
民進・長妻昭氏が国会論戦の追及テーマ募集したところの結果を直視してほしい!
今の民進党は、政権を取って、なぜすぐに後退させられたのか!

何が悪かったのか!

総括一つ見えてこない!

スポンサードリンク

批判、批判ばかりで何一つ建設的なことがない。

挙句の果ては、共産党との共闘だと言う!

何を考えているのか?

共産党は、何をしている、何をする政党かわからないのだろうか?

北朝鮮では、国家元首が兄をも殺す国なのだ!

中国は力ずくで尖閣諸島、沖縄を取りに来ているのだ!

現実の世界情勢を理解しているのか理解に苦しむ。

そんな現状分析もできない政党に、政権を任せようとする国民はいるのだろうか?

それは、きっと反日日本人か、中国人、朝鮮人のうちいずれかだろう。

国家転覆を狙う人以外今の民進党を支持する人はいないのではないか?

もう、解党して出直してください。

お願いします!

民進・長妻昭氏が国会論戦の追及テーマ募集 しかし、寄せられたのは「二重国籍」「ガソリーヌ」「ラブホ連れ込み疑惑」…
<産経ニュース>
衆院予算委員会の野党筆頭理事を務める民進党の長妻昭元厚生労働相が、ツイッターで「国会で追及してほしいことをお寄せください」と呼びかけた。ところが、ネットユーザーからは、民進党のあんな疑惑やこんな不祥事の“追及”を求める声が相次いで寄せられた。

1日のツイッターでの呼びかけに対しては、蓮舫代表の「二重国籍」問題や、“ガソリーヌ”こと山尾志桜里前政調会長の政治資金問題、後藤祐一衆院議員の防衛省職員への暴言問題など民進党議員の疑惑や不祥事を追及のテーマに据えるよう求める意見がまたたく間に集まった。

女性をラブホテルに強引に連れ込もうとしたと「週刊新潮」に報じられ党青年局長を辞任した初鹿明博衆院議員や、旧民主党時代、国会の審議時間中に自民党の女性議員を投げ飛ばした津田弥太郎参院議員(すでに政界引退)の名も挙がった。

こういう結果になることを長妻氏は予測できなかったのか…。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用