今国会では森友学園のことでいっぱいだ。

 

 

そのころに、北朝鮮はミサイルと、核兵器の開発にいそしんでいる。

いったいこの国の国会議員たちは何を考えているのだろうか?

もう国会議員は全員やめてもらいたい。

 

国民の生命と財産を守る!?

誰が守ろうとしてくれれいるのか!

今の国会は暇つぶし議会ではないか?

国防の問題よりも優先する課題はどこにあるのだろうか?

不思議でしょうがない。

北朝鮮のミサイルの性能は、

間違いなく向上しているのだ。

そして、核兵器も手にしているのだ。

 

 

この二つで行われる我が国への攻撃は、

一撃で日本をせん滅するのだ!

国会議員は理解しているのだろうか?

「高高度核爆発」!!

この一撃で、

日本は、ほぼ全滅する!

こんなことが分からないのだろうか?

 

 

自衛隊からの情報は入っていると思うのだが・・・

防衛省からも同じだろう。

それよりも、北朝鮮のミサイルと核実験の情報だけで充分である。

この情報で危機感を持たない国会議員は辞任してもらいたい。

日本国、日本国民を守れない議員はいらないのである。
今のつまらん森友学園のことはなんか委員会かなんかで議論するか、

行政と、大阪府に任せてばいいのではないか?

この大事な時に、

国を守る議論をしてほしい!!!

北朝鮮、近くミサイル・核実験の可能性 米当局が警戒
CNN.co.jp 3/17(金) 15:35配信
(CNN) 北朝鮮が近いうちに新たなミサイル実験や核実験を行う可能性があるとして、米情報当局や国防総省が警戒を強めている。複数の米政府当局者が明らかにした。

米当局者がCNNに語ったところでは、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射に関係した発射装置を移動させている徴候があるという。

同装置はパレード会場付近に置かれていたが、近いうちにミサイルが発射される可能性もあると見て、米国は懸念を強めている。北朝鮮がICBMを米本土に到達させる能力は現時点ではないと見られるが、この射程のミサイルを発射するだけでも極めて挑発的だと当局者の1人は語った。

さらに別の地域での装置の移動についても、移動式発射装置から固体燃料を使った中距離ミサイルが発射される可能性があるとした。北朝鮮は最近、そうしたミサイルの発射を行っており、米国の衛星では高速移動する発射装置を追跡し切れない懸念が浮上している。

北朝鮮が前触れもなくミサイル実験や核実験を行ってもおかしくない状況だと米当局者は指摘する。

さらに、北朝鮮が新たな地下核実験の準備を進めている形跡もあるという。

実験場を監視している米衛星はこの数週間で、新たな掘削の兆候やトンネル入り口付近での活動の兆候を捕らえている。北朝鮮監視サイトの「38ノース」が掲載した衛星画像には、豊渓里(プンゲリ)核実験場で活動が続く様子が写っており、金正恩氏が命令すれば直ちに地下核実験を実施できる準備が整っている可能性もある。

米トランプ政権は、北朝鮮に対する新たな対応を模索している。しかしこの状況への対応は極めて難しいとの見解は、トランプ、オバマ両政権の間で一致している。

米軍の複数の司令官は、もし米国が先制攻撃を仕掛ければ、北朝鮮がソウルを攻撃し、壊滅的な事態を招く公算が大きいと話していた。

アジア歴訪中のティラーソン米国務長官は東京で会見し、「外交などを通じて北朝鮮を非核化させようとした過去20年の努力は失敗に終わった」との認識を示した。

米国は、上空から北朝鮮の状況を監視するスパイ衛星を主な情報源としてきた。しかし衛星では金正恩体制の動向を完全にうかがい知ることはできていない。

北朝鮮は衛星で監視されていることを認識して、行動を覆い隠すための新たな措置を講じている。米国による監視を免れるため、これまで使っていなかった場所に装備を移動させている形跡もあるという。ただし北朝鮮は単純に米国を混乱させる目的で、発射の予定がなくても車両や発射台や人員を移動させることもある。

米軍のジョセフ・ダンフォード統合参謀本部議長は14日、韓国の李淳鎮(イスンジン)合同参謀本部議長との電話会談後に発表した声明で、北朝鮮の核やミサイルの脅威への対応について話し合ったと述べ、米韓軍事演習中、あるいは北朝鮮で予定されている祝賀期間中に、「北朝鮮が挑発行為を行う可能性」があると述べていた。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-35098305-cnn-int

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事