民進党の長島昭久議員離党にエール!

 

民進党の長島昭久元防衛副大臣(衆院比例東京)が民進党へ離党届を出した。

理由は、国政を預かる政党ではないとのようなことである?

共産党との協力なんて論外だとしている。

私は長島昭久議員にエールを送りたい。

よく言ってくれた!

よくやってくれた!

私は、かつて民主党が政権を取ったとき、

一票を民主党に入れた。

 

 

あの時は、自民党のだらしなさに国民はへきへきしていたと思う。

官僚が好き放題自分のため省のためと言って、

国家国民を置いてけぼりしていたように思えた。

だから、政権交代だ!

と、多くの国民が行動を起こしたのだ!

しかし、今の民進党はどうだろうか?

なんの国家観も感じられない集団になり下がったように思える。

何のための政党か!

国の内外の情勢を見ろ!

テロが頻繁に発生し、

北朝鮮では、ミサイルや核爆弾の開発が進んでいる。

韓国は政権がどうなるかもわからない。

中国は相変わらず、尖閣諸島と、沖縄を狙っている。

その沖縄では、中国かぶれの翁長知事が、

左翼勢力と結託して中国に沖縄を売ろうとしているようではないか?

こんな情勢で、

民進党は何をしているのだろうか?

 

スポンサードリンク

 

国会では、まともな論戦はせず、

反対のための反対だけである。

子供の議会だ!

いや、ある高校生の議会の勉強会を見たが、

今の民進党よりまともな議論をしていた。

国会議員の皆さんは、恥ずかしくないのだろうか?

とにかく、蓮舫代表の国籍すら片付けられない集団に期待するほうが無理である。

あの、政権を取った民主党はないのである。

民進党の心ある皆さん、

早く解党して、

まともな政党を作ってください。

国家、国民のことを考える議員で

新しい政党を作ってください。
長島昭久議員はこれからも国のために活躍をお願いします。

皆で応援します。

 

民進・蓮舫体制が大混乱 離党届の長島昭久氏「まともな党内論議もないまま共産党主導」 細野豪志氏は独自の改憲私案発表

民進党の長島昭久元防衛副大臣=衆院比例東京=は10日、野田佳彦幹事長に離党届を提出した。長島氏は直後の記者会見で「共産党と共闘する党方針は受け入れがたい」と説明した。党は除籍(除名)処分とする方針。一方、細野豪志代表代行は10日発売の月刊誌「中央公論」で、教育無償化などを柱とした憲法改正私案を発表。蓮舫代表は教育無償化に改憲は必要ないとの立場で、党内は混乱を極めている。

長島氏は会見で、民共の選挙協力について「まともな党内論議もないまま共産党主導で進められ、最近では民進党の基本政策にまで影響を及ぼすかのような場面が目立つ」と述べた。東京都議選で小池百合子都知事が事実上率いる「都民ファーストの会」との連携は、「思いを共鳴してくださる方と行動をともにしたい」と述べるにとどめた。

野田氏は記者会見で、長島氏が衆院選で比例復活した経緯を踏まえ「議員辞職すべきだ」と強調した。

出典:http://www.sankei.com/politics/news/170410/plt1704100035-n1.html

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事