スマホ用

蓮舫代表の国籍問題は解消したか?やはり自己中心で国民不在の党?

こんにちは太郎です!

今回は蓮舫代表の二重国籍問題をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

18日、民進党・蓮舫代表は

自身の二重国籍について会見を開き

「戸籍謄本(写白塗り)」や台湾籍の離脱を示す証明書などを開示した。

スポンサードリンク

この会見で、蓮舫代表は、

私の国籍は証明されたとした。

ただ、なぜ今公表したかの疑問が残された。

これには本人は、子供たちが成人していなかったから

としているが、それが本当の理由だろうか?

相変わらず、風当たりが強く、代表続投の雲行きが怪しくなったと感じてきたからではないのか?

あくまでも、自身の代表への執着がさせた公開ではないかと

勘ぐってしまう。

そのくらい不思議な時期での開示である。

もう一つ、疑問は

昨年の代表選の時、すでに二重国籍だったことをわかっていながら、

代表選に立候補したことだ。

さらにその前の参議院に立候補した時にも

二重国籍は知っていたことにならないのか?

これは違法である。

この時は蓮舫代表は台湾籍は喪失していると思ったと言っている。

本当なのだろうか?

タラればの話になるが、何かスッキリしない!

今回とりあえず、国籍は日本国籍だけとの証明をしたわけだが、

スッキリしない方々は多いだろう。

今、国会で論ずるのは、

国防問題が最大の論点であると

私は思っている。

民進党は、共産党と手を組んで

政府の反対運動だけを行っているように見える。

実の無い議論に終始しているように思える。

民進党そのものが、国民を見放して

自分たちの保身に汲々としているように見るのだ。

もう国民に足元を見られた政党と見えるのだが?

そんな中での、今回の二重国籍問題の会見、

本当に意味のあるものなのだろうかと思える。

やるなら、もっと早くやれたはずである。

今やるべき国会議員の仕事は何なのだろうか?

平和ボケした国民の目を覚ますことではないか?

もう、危機は迫っている。

中国しかり、北朝鮮しかり、韓国しかり!

もの前だけでも、集中豪雨による災害!

もう、のんびりしている暇はない!

しかし国会や、国会議員は無視しているように見える。

何のための国会議員か疑わしい!

早く正常な国会にしてほしい!

中国の領海侵犯は常態化し

北朝鮮の核ミサイルの開発は高度になってきた

また、核ミサイルの保有数も増加の一手である。

いったい平和ボケに日本国民を救うのは誰なのだろうか?

平成の「竜馬」は現れるのだろうか!

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用