スマホ用

細野豪志が離党で新党結成へ?同志はいるの?民進党分解するか?

こんにちは太郎です!

今回は民進党の細野豪志元環境相が離党を検討をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

3日、民進党の細野豪志元環境相が離党を検討していることが分かった。

党幹部が明らかにした。

細野氏は周辺に「党代表選の告示(21日)前に離党する」と伝えていると言っている。

いよいよ、民進党の分裂、解党が現実味を帯びてきた。

先の都議選で小池知事の都民ファースト会との大敗は、

自民党のみならず、民進党にも大影響を与えている。

もはや政党の存続の意味をなさなくなった民進党に

国民の期待は集まらない、

すでに見限られているのだ!

かつての社会党(現社民党)のように

その主義がや実力が裸にされ、

信用を失ったのだ!

もはや、この信用を取り戻すためにはかなりの時間と

努力が必要だろう。

現状の環境では、もはや絶望的と思える。

そこで、志ある政治家は新たな政治集団を作るのは当たり前である。

細野氏もようやく腰を上げ始めたと言うことだろう。

ここで細野氏のプロフィールです。

日本の政治家

氏名:細野 豪志(ほその ごうし)

生年月日:1971年8月21日(45歳)

出生地:京都府綾部市

出身校:京都大学法学部卒業

前職:三和総合研究所研究員

所属政党:(民主党→)民進党(細野派)

称号:法学士(京都大学・1995年)

公式サイト:細野豪志|細野豪志 オフィシャルサイト

衆議院議員

選挙区:(旧静岡7区→)静岡5区

当選回数:6回

在任期間:2000年6月26日 – 現職

内閣府特命担当大臣(原子力防災)

内閣:野田第2次改造内閣

在任期間:2012年9月19日 – 2012年10月1日

内閣府特命担当大臣(原子力行政)

内閣:野田内閣

野田第1次改造内閣

野田第2次改造内閣

在任期間:2011年10月3日 – 2012年10月1日

環境大臣

内閣:野田内閣

野田第1次改造内閣

野田第2次改造内閣

在任期間:2011年9月2日 – 2012年10月1日

内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償支援機構)

内閣:菅第2次改造内閣

野田内閣

在任期間:2011年8月10日 – 2011年10月3日

その他の職歴

内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)

(2011年6月27日 – 2011年9月2日)

<ウィキペディア>

細野氏は、蓮舫代表が誕生した時は応援するほうへ回ったが、

今回の代表選にはなんの声も上げていなかった。

いきなりの離党である!

細野氏は、リベラル派と言われるが、

共産党との共闘には反対の人である。

また、当の改憲問題にも疑問を投げていた。

スポンサードリンク

9月にも行われる、民進党の代表選に

対抗馬として出るのではなく、

離党の道を選んだのはどうなのだろうか?

いろいろな反発や同調があるだろうが、

私は賛成である!

むしろ、新しい政党を作ってもらいたい。

民進党ではなく新しい政党!

本当に、今の自民党と渡り歩ける政党を

作ってもらいたい。

今の民進党は、ただの反対野党である。

政権を取ったこともある政党なのに、

共産党と組むなんて信じがたい政党になってしまった。

これは、現在の蓮舫代表のなせる業かもしれないが

党員がみんな納得しているのだろう。

これでは、国民は納得しない。

中国の植民地や、北朝鮮のような国にしたいと思っている

人達には喜ばしいことだが、

大半の国民はノーである。

蓮舫代表は、今は日本国籍を「選択」したと言っているが、

そもそもは台湾人(現在国際的に台湾は認められていないため中国人)である?

この人だから、共産党と手を組むのであろう?

共産党の人たちは、

その使命は、国内で革命戦争を起こし

中国共産党の傘下に入るのが願いである。

聖徳太子が、中国と日本は対等の国と宣言して以来

中国の植民地になりたくて仕方がないのである。

そんな人と手を組んだのが蓮舫代表である。

細野氏は、ようやくそこから離脱し新しい政党を模索すると言う。

大いにやってほしい、

同志が広がっていない様だが、国民の支持は広がる!

この国の形をどうしたいか、きちんと説明すれば理解する。

憲法はどう変える。

自衛隊はどう明記する。

防衛はどうする。

日本と言う国の教育はどうあるべき!

などの国の形を示せば、国民は理解するし支持者も集まるだろう!

広く同志を募り、新党を作ってほしい!

いずれ沈む、民進党船にしがみつく必要はない。

奮闘を期待している。

また、応援している。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用