スマホ用

前川喜平は嘘つきで妄想家!精神が異常者なぜ公務員のトップになった?

こんにちは太郎です!

今回は加計学園問題の主役前川喜平前文科事務次官をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

いまだに「民進党」は「加計問題」を引きずっている。

すでに、世の中の動きは、北朝鮮と防衛問題である。

今にも北朝鮮が、アメリカ、グアムへ打ち込むのではないか?

そんな不安があふれている。

戦争が起きるのではないか?

そんな空気が多くを占めている。

こんな時に、文科省の前次官の口車に乗って、

いかにも大問題のようにふるまっている、

もういい加減に目を覚ましてほしい。

そもそも、前川前文科省次官は

朝鮮学校の授業料無償化不適用に「不条理」と語り

「SEALDs」集会に参加したと言っている。

こんな人をなぜ公務員にしたのか?

しかも、文科省の事務のトップ事務次官までなっている。

いったい、どうしてなのか?

スポンサードリンク

こっちの方を説明してもらいたい。

国家の為に働くのが、国家公務員だろう?

変な、私的メモを部下に出させ

悦に入って安倍総理を批判しているのは

自分の天下り隠しだろう!

自分を首にした政府への恨みだろう!

ただそれだけで、噓八百だろう!

こんな、元次官のいう事なんて信じる方がおかしい。

民進党も政府を追い込めると、組んだが

何も本当の事実は出てこない。

その通りだろう。

嘘のメモを、元部下に書かせ、

いともまともな文書のように思わせていた。

その間の、自分への批判は知らんふりである。

そんなに憎しみだけの為に、

国家を貶めたいか、

本当に精神異常者と思いたくなる。

そのくらいおかしい人である。

民進党もなぜこんな人物を信じているのか

不思議である。

二重国籍問題を、差別問題とする変える人たちだからか?

加戸守行前愛媛県知事の発言を思い出。

この方が、一番的を得ていた。

さすがに上司である。

以下に記事を載せたい。

読んでいただければ幸いである。

朝鮮学校の無償化不適用「不条理」と語り、「SEALDs」集会に参加 前川喜平氏に慄然とした

こんな人物が文部科学省事務方のトップだったとは、改めて慄然とした。加計学園問題で「行政がゆがめられた」と告発した前川喜平前文科事務次官のことだ。「座右の銘は面従腹背」は、すっかり有名になったが、本音を隠し国家に対して「面従腹背」だったとは。「公務員の矜持」をまるで持ち合わせてはいない。

8月14日付の東京新聞「こちら特報部」で前川氏は、朝鮮学校への高校授業料無償化の適用についてインタビューに答えている。取材は4日に行われたものとある。

記事についた見出しはこうだ。

「朝鮮学校も対象 当然と思っていた」

「他の外国人学校と平等に」

「募る自責 司法で救済を」

「生徒、今も適用訴え…胸痛む」

この記事で前川氏は、朝鮮学校が適用外とされた経緯について語り、平成22年4月の制度導入当初、文科省内で無償化の対象に朝鮮学校を追加する前提で検討が進められていたことを明かした。しかし同省は25年2月、朝鮮学校を無償化の対象外とする省令改正を行い、10校が不指定となった。

前川氏は「政治の世界で決めたこととはいえ、いくら何でも乱暴だと思った」と振り返っている。この時は第二次安倍政権だった。

無償化をめぐっては広島地裁が7月19日、国が適用対象外としたことを適法と認め、学校側が控訴。7月28日の大阪地裁では適用対象外を違法とする判決が出ており、国が控訴中だ。

東京新聞の記事で、前川氏は大阪地裁判決について「私から見たら妥当だ」と評した。最後に「高校無償化はいい制度だったと思うし、朝鮮学校を入れるということに光を見ていた。国が朝鮮学校を対象外としたのは理不尽で不条理。これを認めるなら法治国家ではない」と結んだが、北朝鮮が傍若無人の振る舞いで世界的に批判の対象となる中、どこの国の役人だったのかと耳を疑った。

15日付の産経新聞(東京本社版)によると、前川氏の批判に対し、現職の文科省の職員からは「係争中の案件について、踏み込んだ発言をするのはやり過ぎだ。古巣のことを何も考えていないのだろう」との声が聞かれたという。

さらに驚くべき事実がある。

前川氏は自身の講演で、平成27年9月に安保法制に反対した学生団体「SEALDs(シールズ)」などが国会前で行った集会に参加していたことを明かした。当時、前川氏は文科審議官で翌年の6月、事務次官に就任した。

前川氏は今月2日、福島市で開催された「前川さん大いにかたる」で講演した。

前川氏は「ここだけ内緒の話ですけど、2年前の9月18日、国会前にいたんです」と切り出し、「集団的自衛権を認めるという解釈は成り立たない。立憲主義に反する」と主張した。デモに参加した動機については「私は個人的には、安保法制は、集団的自衛権に基づく条文はすべて憲法違反だと思います」と話した上で、「あの法律は作るべき法律ではなかったと思っていますので、そのためには一個人として、一国民として正門前に私は声を出す場がなければいけないと思ってですね。声を出すといったって、みんなに混じって言ってたんですけど。みんなに混じって言ってただけで、しかも行ったのは9月18日の1回きりですからね。あの日はですね。今日行かなきゃもうないと思ったんですね。その日は安保法制が参議院で成立した日ですから」と語った。

そして、「ただそれはですね、バレてませんでしたから。これ、バレてたら事務次官になってなかったんです、おそらく」と軽口をきいた。

あまりの軽率さに、7月に行われた閉会中審査での加戸守行前愛媛県知事の発言を思い出す。

「そこまで想像をたくましくしてモノを言う人なのか。安倍首相をたたくために…」「自分の後輩ながら精神構造を疑った」と。

前川氏は東京・歌舞伎町の「出会い系バー」に出入りしていたことについて、「女性の貧困について実地の視察調査」と真顔で強弁していたのを思い出す。前川氏は7月10日の閉会中審査で、「『調査』という言葉は適切でなかったかもしれない」とあっさり発言を修正していた。

前川氏が果たして信用に足る人物か、もう一度問う。そして、この人については「独善」という言葉しか思い浮かばない。

憲法第15条2項は「すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない」とある。講演で明かした事実だけでも、前川氏を事務次官にしたのは大失敗だったと言えるが、そもそも公務員にふさわしい人物だったのか。それさえも疑わしい。

(WEB編集チーム 黒沢通)

出展:http://www.sankei.com/politics/news/170819/plt1708190013-n1.html

関連記事:前川喜平氏の実家や嫁を調査?天下り斡旋正や出会い系も国民の為?

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用