スマホ用

急ぎません。便て何?普通便とのサービス違いや利用者が気になる?

こんにちは太郎です!

今回はファッション通販サイトに導入された「急ぎません。便」をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

HP:https://www.locondo.jp/shop/

靴とファッションの通販サイト「LOCONDO.jp」を運営するロコンドが

9月から導入した配送サービスプラン「急ぎません。便」が話題になっていると言う。

このサービスは、最近の再配達の

配達員の労働環境が問題にされ、

人手不足の話題もあり取り組んだそうです。

スポンサードリンク

サービスは至ってシンプルである。

通常の宅配便は、即日発送&最短で翌日午前中に届く「お急ぎ便」が

あたりまえですね。

それを、利用者の都合に合わせて、1~3日遅く発送する便である。

そういう便が普通便ではないのか?

とも思うのだが、違いは何だろう?

私なりには、普通便は、会社都合で発送する。

「急ぎません。便」は利用者の都合で遅らせる。

こんな感じ思います。

今のサービスからさらに進めたサービス?

今は、早く届けるのが当たり前だが、

必ずしもその日に必要とは限らない!

だから、この「急ぎません。便」は利用者が選べるサービスだろう。

確実に受け取れる日、時間の指定が、再配達を減らす。

この考えは理解できる。

この再配達現象方法はもっとあるはずだ、

小型荷物のポスト投函などは、

もっと増やしていいサービスだろう。

また、宅急便BOXはある一定の効果が認められる。

このようなBOXタイプは今後広がるだろう!

この、物理的な解決にプラスしてほしいサービス。

それが、「急ぎません。便」のような

利用者が最善の日で荷物を受け取ることのできる

配達サービス。

もっといろいろなパターンを考えて、

少しでも、配達員の労働や

運送会社の運営の負担軽減に取り組んでほしい。

ファッション通販サイトに導入された「急ぎません。便」が話題に 「望んでいたサービス」「アマゾンにも導入してほしい」

靴とファッションの通販サイト「LOCONDO.jp」を運営するロコンドが9月から導入した配送サービスプラン「急ぎません。便」がTwitterなどで話題になっています。

【「急ぎません。便」の価格と配送日数】

同サイトの配送サービスで、即日発送&最短で翌日午前中に届く「お急ぎ便」に対し、1日~3日後発送となる「急ぎません。便」。これに、通販サイトなどで広がる即日配送の流れを“過剰なサービス”として配送業者の労働環境を心配していた層から、「以前から『あればいいのに』と思っていたサービスが実装された」と喜ぶ声が上がっています。

また一方で疑問視する声もあり、「通常配送をそう呼んでるようにみえる」「時間指定ないから結局再配達増えるだけな気がする」といった声も。

同サービスは8月末にいくつかの配送サービスプランの導入とともに発表されたもの。「翌日お届け便(お急ぎ便)」から100円割引した「急ぎません。」割引として実装されました。これにより290円の「急ぎません。便」が登場し、同様に「日時指定」割引の導入で「日時指定便」も290円に値下げされました。

また同サイト標準の「お急ぎ便」も同じタイミングで486円から390円へ引き下げられ、サイズが小さい商品は「ポスト投函便」(190円)で届けられるように。

なおこの発表で一番の目玉は、再配達を少なくすることを狙った「エクスプレス便」(490円)の実装で、早朝・夜間EC宅配会社Magical Moveと協業し、日中は家にいないというユーザーのために「21時~24時の夜間便」と「6時~9時の早朝便」を開始。またその間のお届け時間帯を1時間単位で選択でき、出荷後には注文商品が搭載されているトラックの位置をリアルタイムで表示するといったサービスも行っています。

現在のところ同便の対象エリアは東京都内7区 (港、中央、江東、千代田、品川、渋谷、新宿)のみですが、順次拡大中としています。

同社は発表で「再配達の増加、およびそれに関連するサービス対価の適正化は、通販サイトと配送会社が一体となって取り組む重要な社会問題であると考えています」とし、今後もさまざまな課題に取り組んでいくとコメントしています。

※価格はすべて税込

(宮原れい)

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00000035-it_nlab-sci

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用