スマホ用

共産党のシロアリ攻撃が始まった!国をむしばむ共闘は断固反対!

こんにちは太郎です!

今回は衆議院解散模様で共闘を呼び掛ける共産党をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

いよいよ安倍総理は衆議院の解散か?

こんなニュースが急に飛び出し

正解を駆け巡っている。

どうやら、解散は必須らしい!

急に政界があわただしくなってきたのはどういう事だろうか?

それほど解散をしなければならない状況なのだろうか?

実は、任期4年の衆議院で、任期を全うして選挙を行うことは珍しい。

それは、その時の政界の状態がどうなているかにかかわらず

選挙になるからである。

選挙をやる以上、勝ちたいのは当たり前である。

だったら一番有利な条件でやりたいと思うのは当たり前だろう。

その為の解散権が総理にある。

スポンサードリンク

その専権事項を最大限に使うのが

最大の政治家である。

当たり前の選択である。

したがって、今回の解散選挙の判断も、

安倍総理が、任期満了を待っていては不利との判断で

この時期が一番有利と判断したのだろう。

これな賢明な判断だと思う!

さすがに安倍総理!

さすが自民党!

そんなことを背景に、いちゃもんを各野党は

やはりいちゃもんを言う。

これも仕方が似ことである。

しかし注意をしなければいけない政党は、共産党である!

最近、復活の兆しがあり注意が必要だ!

巧みに民進党にシンパを送り込んでいた?

その為、蓮舫代表時は、共闘していた。

それをシロアリと呼んだのは

他ならない前原代表である。

蓮舫代表の時から、共産党は、確実に浸透していた。

それで、かなり食い荒らしてきたようだ。

その為に、最近の民進党は離党ドミノである。

事実を知った議員が逃げているのである。

民進党からの離党とは、共産党からの離脱に他ならない。

それほど、共産党は凄いのである。

だからこそ、今回の解散総選挙は

前原民進党にとって、絶好の解党して新党を作るきっかけになる。

その選択選挙にもなる。

危機感を抱いている、共産党の志位委員長は、

この選挙は大義がなく、森、加計隠しと

下世話な話題にすり変えようとしている。

衆議院選挙は政権を選択する選挙である。

国防や外交、思想や生き方を問う選挙である。

スキャンダルの入る余地はない!

それを、野党共闘として、共産党の党勢拡大を狙っている、

共産党はなりふりかまわず、攻撃を仕掛けている。

ここで、民進党はどうするか踏み絵を踏まされている。

共産党と、国民にだ!

ここで、かつて政権を取った政党の真の力が試される。

私は、前原代表に期待したい!

共産・志位和夫委員長「一方的に候補を降ろさない」民進に相互推薦・支援などを要求 民進・前原誠司代表は「基本的な政策理念の一致が判断基準」

共産党の志位和夫委員長は18日の記者会見で、来月に衆院選が行われる見通しとなったことを受け「安倍政権を倒すには、野党と市民による共闘しかない」と述べ、民進、自由、社民を加えた4野党による選挙協力の協議を速やかに行うよう求めた。

志位氏は、安倍晋三首相が衆院解散の意向を固めたことについて「学校法人『森友学園』『加計学園』の問題隠しで、究極の党利党略と権力の私物化だ」と批判した。そのうえで、衆院選では憲法改正に賛成する勢力が発議に必要な3分の2以上を超えている現態勢を打破することなどを目標に掲げた。

志位氏は、4野党間で(1)共通政策の策定(2)相互推薦・支援-の2つがなければ「本気の共闘にならない」と指摘し「そういうものを抜きにわが党が一方的に候補を降ろすことはまったく考えていない」と述べた。

共通政策として、民進党の蓮舫前代表らが確認した「安全保障関連法の廃止」「安倍政権での憲法改悪反対」などの4項目を土台にする考えを示した。

民進党とは、日米安全保障条約や消費税増税など根幹政策が異なるが、志位氏は「理念・政策が違っても、国民の望む当面の一致点で協力すれば共闘は可能だ」と述べた。当選者1人の小選挙区で何人野党統一候補を立てるかに関しては「どれだけしっかりした共通政策と相互推薦・支援ができるかに連動する」とも述べた。

一方、前原氏は18日、都内で記者団に、民共による相互推薦や支援について「基本的な政策理念が一致するかどうかが判断基準になる」と述べ、慎重な姿勢を示した。同時に「自由党や社民党とは選挙協力の話をしたい」とも述べた。

出典:http://www.sankei.com/politics/news/170918/plt1709180019-n1.html

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用