スマホ用

韓国観光に行くな!ボッタくられ国中で慰安婦が走り罵倒される!

こんにちは太郎です!

今回は韓国観光の実態をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

北朝鮮のミサイルや核実験で、

日本からの韓国への観光客が激減していると言う!

中国からの観光客が激減して折り、韓国観光業界は頭を抱えていると言う。

そんな韓国の観光実態や、国内の事情を追っかけてみました。

今年の初めは、数年来続いた嫌韓ムードが下火になり

日本からの観光客が増加傾向にありました。

中国は、THAADの配備問題で

完全に韓国旅行を締め出しています。

そのため、ほとんど増加が認められません。

韓国観光協会は、日本人観光客の誘致に躍起になり始めたのです。

しかし、日本人は韓国観光にはデメリットの方が多いと思っています。

それは、いくら安くされても、治安に不安が出てきていることです。

スポンサードリンク

いつ北朝鮮からミサイルが飛んでくるかわかりません?

いつ、核爆弾が落とされるかわからない国です!

日本も同じですが(自国からは逃げれません)

そんなリスクを冒してまで、観光旅行に行く必要はないでしょう!

また、国内の治安の悪さも聞こえるようになりました。

特に旅行者にとってわるそうです。

空港からのタクシーは、遠回りするのは当たり前!

運賃もまちまちで倍払わされた人もいるとのこと。

もう、恐喝ですよね!

韓国では、旅行者は一人でタクシーに乗るなと言われだしたとか?

なんとも怖い話です。

そんな国にわざわざ行く必要がないのではないでしょうか?

また、ご存知の通り、慰安婦像が街中のバスの中においてあるそうです?

これも理解できません。

日本人はみんな謝れ、土下座しろろ罵倒するためでしょうか?

そんなバスが、どんどん増えて国中を走らせるようですね?

本当でしょうか?

正気の沙汰とは思えません。

自分たちがベトナム戦争で何をしたか教えて、

この横に「ライダイハン」の像を乗っけてはどうかと思うのですが?

いかがですか韓国の皆さん!

しかし、これが韓国人なのだと思えば理解できます。

こういう人たちがいる国が韓国なのです。

だから、出かけなければいいのです。

わざわざ、観光旅行に行く必要がないでしょう?

嫌な思いをしに観光旅行に行く人はいませんね!

だから、韓国へ旅行に行くのはやめましょう!

特に、明洞は絶対行かないようにしましよう!

日本人は狙われているらしいです。

商品の値段が高いのは当たり前。

変なところへ連れていかれて押し売りされた人もいるようです?

とにかく、夜は危険です。

女性の一人歩きも危険です。絶対にやめましょう!

今どこか、近く、アジアで旅行がしたいと思ったら、

韓国以外の国に行きましょう!

台湾でも、タイ、マレーシア、ミャンマー

どこでもいいです。

韓国よりは楽しく観光旅行できるようです。

皆さん、韓国の嘘にご用心ですよ!

韓国観光局は、何とかして日本人の観光客を増やそうと躍起です。

そして、言葉巧みに誘い込みます。

また、大胆な値引きもしてくるでしょう!

要注意です。そんな時こそ危ないのです。

韓国国内の整備や意識が向上したのではありません。

ただ単に、カモを待っているのです。

ねぎをしょってくる、日本人のカモを待って

いろいろなトラップを仕掛けてきます。

激安だったり、色仕掛けだったり・・・

油断すると引っかかりますよ!

皆さん、観光旅行は楽しめるところを選びましょう!

そして、大いに楽しんで、リフレッシュしましょう!

やめられない韓国観光業界の「日本人頼み」 半島有事懸念で不本意ながらも誘客作戦活発に

韓国の観光業界が日本で大規模な観光客誘致作戦に乗り出した。米軍による高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に対する中国政府の報復で訪韓中国人観光客が激減する中、日本人は「頼みの綱」として期待され、日本人客取り込みに向けて新規就航や増便も相次いでいた。だが、朝鮮半島有事に対する懸念から訪韓日本人客は減少傾向にある。韓国にとっては本意か不本意か、日本への依存体質はしばらく続きそうだ。

韓国のプラスのイメージを伝えたい

韓国紙、朝鮮日報(日本語電子版)によると、韓国観光公社が20日、東京で21日から24日に開催される旅行博覧会「ツーリズムEXPOジャパン2017」に過去最大規模で参加することを明らかにした。同イベントには約140の国・地域から約1100団体が参加することになっており、韓国は22の地方自治体と17の観光関連機関・企業が180人の誘致団を派遣するという。

報道によれば韓国展示館は58のブースで構成され、「韓国再発見」をテーマに間近に迫った平昌冬季五輪や地域・観光をテーマにしたPRコーナー、医療観光コーナーなどが設けらている。仮想現実(VR)でのスキージャンプ体験だけでなく、韓国旅行できれいな写真を撮るテクニックを学ぶこともできるそうだ。

韓国観光公社のシン・サンヨン東京支社長は朝鮮日報の取材に「北朝鮮によるミサイル発射などに伴う不安から韓国旅行をためらう日本人に、韓国のプラスのイメージを伝え、訪韓観光市場を回復するきっかけにしたい」と話している。

ライバル国に依存せざるを得ない事情とは

THAAD禍で訪韓中国人客数が目減りする状況が続く中、韓国の観光業界にとっては日本人客の取り込みが最重要課題になっている。かたや訪日外国人観光数が過去最速のペースで増えており、9月15日時点で2千万人に達した(観光庁推計)。これには、もちろん韓国人も貢献している。「観光立国」をめぐって日本をライバル視する韓国としては看過できないのかもしれない。

そこへ来て、北朝鮮による相次ぐミサイル発射に加え、6回目の核実験。今年に入って訪韓日本人客も増加の兆しを見せていたが、北によるミサイル発射が始まった4月以降は急減している。

聯合ニュース(日本語電子版)は、韓国観光公社の調査として、今年に入り韓国を訪れた日本人は1月から3月までは前年同月比で増加したが、「朝鮮半島危機説」が流れた4月は同5・4%減の16万5748人で、減少に転じたと報じている。

これまでにも北朝鮮の核実験など朝鮮半島情勢が不安定になるたびに訪韓日本人客数は減少した経緯があり、韓国の観光業界としても日本での大規模な観光客誘致作戦に乗り出さざるを得ない状況に追い込まれたわけだ。24日まで東京で開かれている「ツーリズムEXPOジャパン2017」は、その第1弾だともいえそうだ。

本当に日本人に来てほしいのだろうか

ただ近年、韓国の旅客機による事故やトラブルが相次ぎ、安全面でも懸念が残る。さらに今年6月に韓国国会の議長が来日した際、「(平昌五輪で日本人観光客が)もし少なかったら東京五輪には1人の韓国人も行かせない」などと脅迫めいた発言をしたとされる。

さらに慰安婦像を乗せた路線バスが韓国・ソウル市内で運行。通常営業のバス5台に慰安婦像が1体ずつ乗り、9月末まで走るという。日本人観光客がこれに乗り合わせてたらどう思うだろうか。

韓国が本気で日本人を呼び込みためには、ハード面でもソフト面でも意識改革が必要なのかもしれない。

出典:http://www.sankei.com/west/news/170922/wst1709220064-n1.html

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用