スマホ用

民進の希望合流に失望感!政策や信条を無視して国民を馬鹿にする!

こんにちは太郎です!

今回は民進党が解党して希望の党合流をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

民進党の前原代表は、事実上の解党して

希望の党と合流するとした件で周囲には戸惑いと

驚きが上がっている。

その前の民進党での代表選では、

再び政権を取るための全力を尽くすと言っていた人とは思えない変わり身である。

この合意に、地方では失望や困惑が広がっている。

スポンサードリンク

そもそもこの合流は、

小池知事の狙いにうまくはめられた!

党の組織もない、金もない希望の党は

文字通り「希望」だけがとりあえずあるだけだ。

小池知事の狙いはそこにある。

何もない政党「希望の党」をあたかも存在感のある政党に見せて

雪崩を打って転がる民進党議員の心にくさびを打った!

これで、民進党の政治組織と

政治資金が転がり込んできた!

なんと姑息な手段を問たのだろうか?

しかし、それに乗った民進党の議員も情けない!

政策や信条など御大層に言っていたのはどうしたのだろうか?

安保法制や改憲論議など全くなく、自己保身のみである。

こんな議員はいらない

大事な税金を上げたくない

自己保身でしか仕事をしない人は議員になってほしくない

地方での混乱もわかる。

安倍政権を批判している人たちが

一緒になって民進党を応援していた。

しかしそんなことはお構いなしで、

地方の人の思いは届かず、無視されて

何が「希望の党」だろうか?

それで政権交代だなんで、

国民を馬鹿にしているとしか言いようがない!

何のためのの選挙かわからなくしているのは希望の党である!

リセットだと声高に叫ぶ小池知事!

自身のしがらみはいつリセットするのか?

あっちに行ったり、こっちに来リ、リセットばかりじゃないか!

そんな人が、国民の生命と財産を守るのか?

自身の独裁政権がほしいだけじゃないのか?

こんな政党に投票したくない!

皆さんも、よく考えてください!

安倍政権以上に訳の分からない政権を作りたいのか?

この北朝鮮と中国の脅威の中で!

「ただ選挙に勝てばいいのか」 民進の希望合流に失望感

民進党の前原誠司代表が、事実上解党し、小池百合子代表の「希望の党」に合流する意向を示したことを受け、既存の野党4党による共闘を呼び掛けていた京都の市民団体に失望や困惑が広がった。
「安倍政権の改憲には反対しても、小池代表の下での改憲は許すのだろうか」。「安保関連法に反対するママの会」発起人の西郷南海子さん(30)=京都市左京区=は戸惑った。
小池代表は自民党衆院議員時代、集団的自衛権の行使を可能にした安全保障関連法に賛成し、改憲にも前向き。民進議員に「リアルな安全保障政策」を認めるかどうかで、「踏み絵」をするという。「安倍政権と、見せかけの反安倍勢力という構図になれば、安倍政権の乱暴な政治手法への是非、という争点がぼやけかねない」と心配した。
候補一本化を京都の野党に求めていた「ユナイトきょうと」の事務局松本修さん(66)=山科区=も「小池代表は安倍首相よりも改憲に積極的。安倍政権を倒すなら何をしてもいいという考えには賛同できない」と落胆。「市民との連帯を捨て、ただ選挙で勝てればいいということなのか。希望の党と共産党が競合しても、一本化を求めて運動するのは難しいだろう」と嘆いた。
民進、共産ら4野党は昨夏、野党共闘を求める市民連合の提出した安保法廃止・改憲阻止の要望に合意していた。京都総評の梶川憲議長(58)は「安倍政権の退陣を求めるデモに(民進支持の)連合系組合員も参加し、連携が進んでいた。市民との合意はなんだったのか。怒り心頭だ」と語気を強める。
若者の投票率向上に向けて活動するNPO法人「Mielka」(上京区)は、各党や候補の公約をまとめたサイトの立ち上げ準備を進めているさなか。スタッフの同志社大2年三輪功祐さん(19)=南区=は「希望の党から立候補する前民進議員が党の主張と違うことを訴えたり、危機感を抱いた自民候補が希望の党への批判ばかりすれば、有権者は誰に投票したらいいか、分からなくなる。日本の将来像を示し、争点が明確になるような論戦をしてほしい」と注文を付けた。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00000033-kyt-l26

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用