スマホ用

蓮池薫の離婚や子供と奥さんの現在が気になる?スパイって本当?

こんにちは太郎です!

今回は拉致被害者5人が帰国して15年を迎えた蓮池薫氏をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

北朝鮮から日本人が拉致されいまだに解決されていない。

その中で、15年前の10月15日で、

小泉総理大臣の時に5名の被害者が帰国した。

あれから、拉致被害者の帰国が始まると国民は期待したが、

北朝鮮の外交政策に翻弄され

いまだに一人も帰ってきていない。

特に「横田めぐみ」さんは

拉致被害者の象徴的な人だが

いまだに帰国はかなわずである。

スポンサードリンク

そんな中で、蓮池氏は新聞社のインタビューで、

「北指導部は被害者を把握。再調査は不要」と

言っている。

そんな蓮池さんの最近の現状はどうしているのでしょうか?

少し確認してみました。

・蓮池薫氏の離婚や子供と奥さんの現在が気になる?

蓮池薫氏のプロフィール。

氏名:蓮池 薫(はすいけ かおる)

生年月日:1957年9月29日

年齢:60歳

出身地:新潟県柏崎市

学歴:新潟県立柏崎高等学校

中央大学法学部卒業、

新潟大学大学院修了 文学修士

職業:翻訳家

新潟産業大学経済学部准教授

受賞歴:新潮ドキュメント賞受賞

蓮池透は実兄

すぐ作れる、ETCカードなら↓

法人向けのETC専用カード

蓮池薫氏の離婚がネット上の検索で出るが、

どうやら、実兄の透氏の離婚が混同されているようです。

今のところ、薫氏の離婚は確認されていません。

薫氏と奥様の祐木子さんとは

北朝鮮に拉致されている間に結婚している。

そして、一男一女をもうけている。

奥さんとお子さんの現在の様子は、一般人とのこともあり

情報がありませんでした。

ただ、普通に暮らしていると思われます。

ドメイン取るならお名前.com

・蓮池薫氏は北朝鮮のスパイって本当?

1978年に北朝鮮に拉致され2002年まで北朝鮮で生活しています。

しかし、その間に日本に帰国し日本人を拉致しに来ていた。

そんな話題がありました。

今で言うフェイクニュースかもしれません。

しかし、信憑性がないわけでもありません。

でも今は確証のとりようがありません。

したがって、蓮池薫氏のスパイ容疑は噂の域を出ません。

一般人の私が集められる事実はここまででした。

薫氏の言葉が、早く拉致被害者の元に届いて。

全員が帰国できることをお祈りいたします!

楽天でーす!↓

ないものはない!お買い物なら楽天市場

蓮池薫さん「北指導部は被害者を把握。再調査は不要」 単独インタビュー…近く交渉局面と分析

北朝鮮による拉致被害者5人が帰国して15日で15年を迎えたのを受け、帰国者の一人である蓮池薫さん(60)が産経新聞の単独インタビューに応じた。「北朝鮮指導部は被害者が今どこに、どれだけいるか掌握している。『再調査』というのは必要ない」と言及、日本政府に対し被害者の生存や動向の情報収集に全力を尽くすよう求めた。

平成26年に北朝鮮が全拉致被害者の再調査を約束したストックホルム合意以降も、情勢は膠着(こうちゃく)。蓮池さんは「拉致は現在進行中だ。被害者が生きている可能性も限りなく高い。被害者は希望を捨てず、がんばってほしい」と呼びかけ、「日本政府は本腰を入れ、解決に向けて努力を倍加しなければ道は開けない」と訴えた。

また、政府の取り組みについて「水面下交渉などを含め努力されてきたと思う」と話しつつ、核・ミサイル開発で国際社会が北朝鮮に制裁圧力を強める状況下で「他国を出し抜き、拉致を解決するのは現実的に難しい」と指摘した。

ただ、挑発が手詰まりになりつつある北朝鮮が、米国の圧力で核・ミサイル放棄を検討する“交渉局面”が近く訪れると分析。「その瞬間が拉致問題を強く示し、被害者を返す機会。核・ミサイル問題の平和的解決を含め、日本は北朝鮮に具体的支援などのロードマップを示すべきだ」と強調した。

一方で「政府は局面が来れば被害者を一挙に返す戦略、準備が必要。どれだけ真剣にやっているか見えず動きが伝わってこないのは、(未帰国被害者の)ご家族がつらい思いをされる大きな原因だ」とも語った。

蓮池さんは昭和53年に拉致された。現在、新潟産業大学准教授を務めている。

蓮池さん夫妻拉致事件 昭和53年7月31日夕、新潟県柏崎市の中央海岸で当時大学生だった蓮池薫さんと会社員の祐木子さんが北朝鮮に拉致された。同時期には福井県小浜市や鹿児島県日置市でカップルが連れ去られるなど拉致が多発した。日本の警察当局は蓮池さん夫妻の拉致に関与したとして、工作員のチェ・スンチョル、対外情報調査部指導員のハン・クムニョンとキム・ナムジンら3容疑者を特定し、平成19年までに国外移送目的略取容疑などで国際手配した。

出典:http://www.sankei.com/world/news/171015/wor1710150005-n1.html

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用