スマホ用

「八重山日報」奮戦!沖縄2紙報じない事実!県民共感の事実!

こんにちは太郎です!

今回は偏向報道と「八重山日報」奮戦!をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

世間では衆議院選挙のニュースで沸騰中である!

ここ沖縄でのもその話題は報道されている。

しかし、中身が問題である?

今までも沖縄県2紙は、自紙の都合上、県民に真実の報道をしてこなかった。

この事実が今県民の目の前にさらされた!

報道の事実が暴かれようとしているのだ!

今までいかに県民を、オール沖縄と称して先導してきた

那覇知事と結託して、沖縄の政治を我が物にしてきた、

沖縄の知識人と言われる人々と県紙2紙の悪行がさらされることになってきた。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・…★
┗★ 法人向けETCカードなら「ETC協同組合」
:*:・゜★゜’・:*:.。.:*:・’゜☆.:*:・゜★゜’・:*:・゜

法人向けETC専用カードがさらにお得に!
新会社でも作れる、クレジット機能が付いていないので安心。

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NST2X+B6H1PU+3EV2+BXB8Z
★┓
★…・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

県民を欺いた報道!

基地反対がすべてに優先するという妄想!

すべて、共産主義の新中国派の仕組んでいる罠と!

徐々に真実が、事実が、行動の事実が明らかになってきた。

報道しない自由などではなく、

自分たちの思想に迎合させようとした報道が明らかになってきたのだ!

スポンサードリンク

フェイクニュースが最近の話題になっている。

沖縄の県2紙はフェイクどころではなかった!

自分たちの思うように県民を洗脳しようとしてニュースを流していたのだ!

その事実が、八重山日報の沖縄配信により明らかになりつつある。

この八重山日報と沖縄県2紙と主要記事を読み比べると大いに違和感に気付く。

そう!県2紙は事実をごまかして書いているのがよくわかる。

もうフェイクニュースどころではないのがよくわかる。

この事実の比較ができるところに

八重山日報の価値がある!

部数は少なくとも事実の報道は論評よりも重い!

隠されていた事実が、県民の前につまびらかされたのである。

人は事実が最も尊い!

ないものはない!お買い物なら楽天市場

この原則を忘れた県2紙は恥じて

その紙面づくりを一新してくれることを願いたい。

新聞とは何か、報道とは何か?

いまさら一般市民の私がいう事でもあるまいが、

その根幹が犯された時

民主主義も崩れ落ちる!

少なくても、私はそう思っている!

フェイクニュースに増して偏向報道が問題だ 沖縄2紙に対抗し「八重山日報」奮戦(10月16日)

今年の新聞週間の標語は「新聞で 見分けるフェイク 知るファクト」である。「フェイク(偽)ニュース」が害悪となるのは言うまでもないが、「報道しない自由」や「印象操作」も問題が大きい。意図的に事実を隠したり、ことさらに誇張する偏った報道は読者をミスリードする。

▼石垣市に本社を置く八重山日報が沖縄本島で発行を始めたのは、今年の新聞界の最大のトピックであろう。沖縄タイムスと琉球新報の“2強”がほぼ独占するなかで、配達員の確保などに苦労しながら部数を伸ばしている。「反米・反基地」一色の2紙に対して、「第3の新聞」が求められていたのだ。

▼ある政財界の知名士が「(2紙は)あまりに偏り過ぎて、沖縄にとって大きな問題だ。殴り込みをかけてほしい」と熱っぽく話した-と仲新城(なかあらしろ)誠編集長が雑誌「正論」に発刊のいきさつを書いていた。民意は多様であり、報道は公平、公正でなければならない。新聞人として心したい。
出典:http://www.sankei.com/west/news/171016/wst1710160047-n1.html

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用