スマホ用

空自ヘリ墜落か?性能と4人の安否や訓練内容と原因を知りたい?

こんにちは太郎です!

今回は空自ヘリの事故をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

最近、アメリカ軍のヘリコプターの事故が

沖縄県であったばかりだが

今度は日本の航空自衛隊のヘリコプターが墜落した模様だ!

17日午後6時ごろ、浜松市から約30キロ南の沖合で、

航空自衛隊浜松基地所属のUH60Jヘリコプターがレーダーから消えた。

このヘリUH-60Jは、アメリカ合衆国のシコルスキー・エアクラフトが開発したUH-60 ブラックホークを

日本が救難目的に独自改良した救難ヘリコプター。

三菱重工業がライセンス生産を行っている。

スポンサードリンク

性能・主要諸元 (UH-60J 航空自衛隊仕様)

諸元
乗員: 5名
全長: 19.76m
全幅: 5.43m
全高: 5.13m
ローター直径: 16.36m
運用時重量: 9,900kg[12]
最大離陸重量: 11,100kg[4]
動力: GE/IHI T700-IHI-401C ターボシャフト、 (1,662shp(連続)、1,800shp(離昇)) × 2
性能
最大速度: 約265km/h=M0.22 (143kt)
巡航速度: 約235km/h=M0.19 (127kt)
フェリー飛行時航続距離: 2,200km[4]
航続距離: 約1,295km
実用上昇限度: 約4,000m (13,500ft)
武装
ドアに12.7mm重機関銃M2、両側面の窓に5.56mm機関銃MINIMIを装備可能
固定武装: なし
<ウィキペディア>

救難用に開発されたヘリコプターです。

全天候型となっていますね。

そんなヘリが事故を起こすとは残念です。

防衛省の現在での発表では、

ヘリは当時夜間訓練中だったとしており

4人が搭乗していたという。

浜松沖に機体の一部が浮いていたとされ、

現在では墜落した模様だ!

現在、自衛隊機が全力を挙げて捜索しているという。

早く自衛隊員が無事で発見されることを祈る!

最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用