こんにちは楽しみ太郎です!

 

今回は沖縄平和運動センター議長の

山城博治被告に有罪判決!をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

 

米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設への反対闘争の

中心的活動家、沖縄平和運動センター議長の山城博治被告の

威力業務妨害罪などに問われた裁判で

有罪の判決が言い渡された!

辺野古移設反対派リーダーに有罪 工事用資機材の搬入妨害、防衛局職員にけが 那覇地裁

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動に伴い、威力業務妨害罪などに問われた反対派リーダー、沖縄平和運動センター議長の山城博治被告(65)に、那覇地裁(柴田寿宏裁判長)は14日、懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年6月)の判決を言い渡した。

■勾留5カ月間「表現の自由、抑圧だ!」

逮捕後に約5カ月間勾留された被告は、移設反対運動への弾圧で、沖縄で表現の自由が抑圧されていると主張した。

検察側は「犯行を指揮、主導した首謀者で果たした役割は大きい」としていた。

共犯として威力業務妨害罪に問われた無職の稲葉博被告(67)は懲役8月、執行猶予2年(求刑懲役1年)、傷害罪などに問われた無職添田充啓被告(45)は一部無罪とした上で懲役1年6月、執行猶予5年(求刑懲役2年)の判決。

起訴状によると、山城被告は平成28年1月、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前に大量のブロックを積み、工事用資機材の搬入を妨害し、同8月には米軍北部訓練場(東村など)付近で沖縄防衛局職員の肩を激しく揺さぶって約2週間のけがを負わせた。同10月には同訓練場への侵入防止用の有刺鉄線1本をペンチで切断したとしている。

引用:http://www.sankei.com/west/news/180314/wst1803140049-n1.html

 

 

 

この沖縄での辺野古移転反対闘争は

本当に今どき子供の政治闘争のようである。

1960年代の学生運動から始まった

革マル派の武闘闘争を幼稚にしたようなもので、

今どきの若者がついていくとはとても思えない。

実際の闘争現場は、中高年者が多く

しかもかつての共産主義支持者が集まっているともいう?

もう行き場のないかつての夢捨て場として

辺野古移設時反対闘争に昔の血潮を

思い出して満足しているのだろうか?

 

スポンサードリンク

ただ、やっていることは子供の嫌がらせで

地域住民なんてお構いなし、迷惑なんて知らん顔で

我が物顔で闘争ダ!と叫んでいる!

ただそれだけで、思想とは別に

自分たちの内輪の権力闘争をやっているだけである。

 

だから、支持に集まる人は笑えるほど

沖縄以外の人たちのようで、

弁当と日当と旅費をもらって帰っている人も

いるようである?

 

 

当の山城博治被告は大まじめで反対闘争をやっているようであるが、

手段は革命後に正当化される的なもはや時代遅れの考えが

相変わらず大声で叫んでいるようだ?

ついてきているのは、韓国人や中国人も

大勢いると言われ(不確実)地元住民は

迷惑そうに眺めている人の方が多い様だ!

結果として、市長選挙では当然

反対派が敗北した!

翁長知事の応援や福島瑞穂議員の応援もあるが

それだけである、

そもそも、革命や結果オーライの政治闘争なんて

今では、習近平国家主席しかできないことである。

罪を犯せば責任を問われるのは当たり前で

革命後は無罪なんて、もはや過去の話である。

結局革マル派も内ゲバでみじめな最後である。

 

この人たちの行く末は

どんな結末になるのだろうか?

少なくても、この国に邪魔になるようなことは

そろそろやめた方が良いのではと思う!

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事