9月24日、野田首相は新たな民主党党役員人事として政調会長に細野原発担当(写真)を、幹事長代行に安住財務相を起用する意向を固めた。昨年9月撮影(2012年 ロイター/Toru Hanai)
スポンサーリンク
こんにちは楽しみ太郎です!

今回は希望の党の細野豪志元環境相をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

国会での予算審議がひと段落したところで、

民進党と希望の党を軸とする新党設立が現実味を帯びてきている。

そんな中で、希望の党の細野豪志元環境相ら党創設メンバーが

苦悩を深めている。

 

 

憲法や安全保障に関する見解の相違を理由に民進党を飛び出した細野氏らにとって、

同党への「先祖返り」は自己否定ともいえる。

また、民進党側からも「細野切り」を求める声は絶えないようだ。

 

そんな中で、細野豪志元環境相の現在や家族の思いなどを

調べてみた、細野氏はどこへ向かおうとしているのだろうか?

果たして、国会議員となった思いはまだ強く残っているのだろうか?

 

小池東京都知事や、若狭弁護士、希望の党は文字通り

希望を追い求めようとしたのだろうが、残念ながら

志半ばでとん挫しようとしている。

現在の細野氏の思いはどうなのだろうか?

 

 

   メニュー

・細野豪志議員のプロフィール

・細野豪志議員の家族は?

・細野豪志議員の政権への思いは?

 

 

 

・細野豪志議員のプロフィール

日本の政治家

氏名:細野 豪志(ほその ごうし)

生年月日:1971年8月21日(45歳)

出生地:京都府綾部市

出身校:京都大学法学部卒業

前職:三和総合研究所研究員

所属政党:(民主党→)民進党(細野派)

称号:法学士(京都大学・1995年)

公式サイト:細野豪志|細野豪志 オフィシャルサイト

衆議院議員

選挙区:(旧静岡7区→)静岡5区

当選回数:6回

在任期間:2000年6月26日 - 現職

内閣府特命担当大臣(原子力防災)

内閣:野田第2次改造内閣

在任期間:2012年9月19日 - 2012年10月1日

内閣府特命担当大臣(原子力行政)

内閣:野田内閣

野田第1次改造内閣

野田第2次改造内閣

在任期間:2011年10月3日 - 2012年10月1日

環境大臣

内閣:野田内閣

野田第1次改造内閣

野田第2次改造内閣

在任期間:2011年9月2日 - 2012年10月1日

内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償支援機構)

内閣:菅第2次改造内閣

野田内閣

在任期間:2011年8月10日 - 2011年10月3日

その他の職歴

内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)

(2011年6月27日 - 2011年9月2日)

2017年9月27日、小池百合子東京都知事を代表とする新党「希望の党」設立会見に、

結党メンバーとなる国会議員14人の一人として参加した。

また、「上(小池)からの命令」として民進党から希望の党への公認申請者や、

旧民主党政権の首相を務めた者の「排除」を主導した。

 

自身は、10月の第48回衆議院議員総選挙では静岡5区より小選挙区単独立候補し当選した。

希望の党で小選挙区単独立候補したのは細野豪志のみである。

11月の希望の党共同代表選挙後の党役員人事では憲法調査会長に就任している。

<ウィキペディア>

 

スポンサードリンク

 

 

 

希望の党が、惨敗してからは表立った活動は伝わってきていない。

党内での勢力図が、元の民進党勢力が強め

小池知事も、希望の党から離れ、若狭弁護士も落選して

自分たちが描いた新党「希望の党」は別の政党に

なりつつあるようだ。

 

細野氏には是非自身の政治信条に従って

まい進してもらいたい!

 

 

 


 

・細野豪志議員の家族は?

細野氏はいまだに、「モナ男」と呼ばれていますね。

それが2006年の写真週刊誌フライデーに路チュー写真をすっぱ抜かれた

「モナ男」事件です。過去にこれがあったので、奥様の

節夫人はかなり苦労して家庭を支えてきたようです。

 

そして、周囲からは、節夫人が表に出ることを嫌がられると言います。

「モナ男」の話題がぶり返されるが嫌なようです。

特に娘さんからは本当に嫌がられているようですね。

 

そして家族に次の悲劇が起きます。

第2子を妊娠していた奥さんが早産して

お子さんはなくなったのです。

 

この時、細野氏は民主党代表選は出馬辞退しました。

そして、海江田万里氏から民主党幹事長を打診されました。

その時もまだ娘の死から時間が経っていなかったので、

細野豪志氏は断るつもりでいたとのことです。

 

しかし、まだ心身ともに傷ついているであろう妻からこう言われたそうです。

「あなたは政治家です。党のためにできることをやってください」!

と言われ、民主党幹事長に就任を引き受けたそうです。

嫁さんは強い人ですね!

 

 

娘さんの思いはどうだったのでしょうか?

子のように家族は、旦那の政治にかける思いを

一生懸命支え続けているようですね。

 

では、今後はどのようにしてほしいのでしょうか?

細野氏たちの主導で出来た「希望の党」が違った方向へ

向かいだしていることは確実です。

そんな中でも支える家族の力は変りがなさそうです。

 

 

・細野豪志議員の政権への思いは?

細野氏は「希望の党」立ち上げ時は、保守2党論を唱えていた

ようですが、実際には先の衆議院選挙で惨敗して、

空中分解してしまった理屈です。

 

今の希望の党は、民主党との合流しか頭になく

反政権の批判勢力を集めるとしていますが、

私には野合としか見えません。

 

ただ単に、格好つけて政権を批判して国会議員になっていたい

人たちの集まりを目指す、選挙互助会政党を作ろうとしているだけです。

たぶんどんな組み合わせをしても、有権者の支持はそれほど集まると

思っていません。

 

細野さんのもともとの考えは正論のような気がします。

保守2大政党で政権可能にする!

これが最も安心して国民が託せる政治と私は思っています。

 

考えてみてください、政権が変わったら、自衛隊は違憲で

解散とか、中国軍が米軍の代わりに日本へ駐留するとか

すぐに変更するのを国民は望んでいますか?

 

それよりも、どの政党が政権をとっても基本的な部分

安全保障の考え方と外交に隔たりがない!これが重要でしょう!

その中で、税金の分配に関しての考え方で、政党間で

アイデアを出し、国民の選択を受ける。

こんな政治をしてほしい。

 

細野氏もこのような政治構想だと思っています。

今の野党には数少ない考え方でしょう。

日本人も、反日日本人が多く、政権転覆を

願っている人も多いのが野党支持者でしょう。

 

だから、細野氏の構想はなかなか理解されないかもしれませんが

ここから、もう一度声を上げて頑張ってほしいと思います。

同じ考えの国民は多くなってきているはずです。

だからこそ、自民党が支持されるのです。

 

いくら役人の不祥事があっても、いや役人の不祥事が

起きるほど、日本人が劣化してきている時ほど

保守勢力に頑張れと支持が集まるのだと思います。

 

細野議員には、新たな枠組みをもう一度作ってほしい!

たぶん本人も今そう思って、同志の確認と広がりを

準備していると思います。

 

細野議員、日本の為に再び立ち上がってください!

 

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事