スポンサーリンク
こんにちは楽しみ太郎です!

今回は福田淳一財務事務次官のセクハラ問題をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

福田淳一財務事務次官のセクハラ問題が次官の辞任

朝日新聞社の、記者会見でセクハラを受けた記者は

朝日新聞の女性記者だったことを明らかにしました。

 

 

朝日新聞では、その記者会見で一年半前からセクハラを受けており

自己防衛の為録音したとしている。

また、相談を受けた朝日新聞の上司は、二次被害の恐れがあるため

報道することを難しいとした。

 

女性社員は「セクハラ被害が黙認され続けてしまうのではないか」との思いから

週刊新潮に連絡し、取材を受け、その後、録音の一部も提供したという。

ここで私には、疑問が出てきた。

 

スポンサードリンク

 

 

『週刊新潮』の記事によると、福田氏に夜中呼び出された女性記者は、パジャマから着替えてバーに駆けつけた。酒席につきあい、森友問題について聞き出すのが彼女らのミッション。福田氏はそんなやり取りの中、「おっぱい触っていい?」「キスしたい」としつこく言い寄ったという。

「福田さんはお酒が弱くて、酔って記憶がないなんてことはたまにあるそうです。記事には日頃からセクハラを連発することで有名だったと書かれていましたし、担当の女性記者は呼び出されるたびにビクビクしていたんでしょうね…」(前出・全国紙記者)

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180419-00000007-pseven-soci&p=1

 

これだと、セクハラを受けると分かっていて、1対1でバーのような酒席の場に

出かけたことになる。

 

むしろ、自分から仕掛けて出かけたのでは?とも思える。

本当にセクハラがいやなら、最初にセクハラと感じた時に

上司に言って、担当を外れたらよかった!

 

また、上司もこの時に財務省に抗議すればよかったと思うのだが

何故、本人は今頃になって、セクハラの危機を感じたのか

理解できない。

 

セクハラを我慢してでもスクープが欲しい!

もしこのような理由だとしたら、本末転倒と思う!

この時点で、女性を武器に福田次官に近づいたと

思われても仕方ないではないのか!

 

「超堅物の官僚からスクープ情報を取るのは至難の業。そこでテレビ各局は、少しでも印象をよくするためなのか、たまたまなのか、選りすぐりの美人記者を財務省の記者クラブに送り込んでいます。もちろん外見だけでなく、財務官僚と渡り合えるだけの頭脳も必須です」(全国紙記者)

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180419-00000007-pseven-soci&p=1

 

これが事実だとすれば、新聞各社は美人記者を配置して

スクープ合戦をしていることになる。

そして、個人的に携帯で呼び出されることもしばしばだとか?

 

どうして、女性記者が夜の酒場へ呼び出されても行くのか

これこそ、ハニートラップを各社が意図して仕掛けているのではないのか?

 

 

 

今回の事件は、その一端の朝日新聞の女性記者が、自社で報道できなかったから

他社へ持ち込んだことで表に出ただけだ!

 

実は、新聞各社は、次官のセクハラ発言癖は把握しており

抗議どころか、その中からスクープを狙って近づかせていた

そう思うとつじつまが合う事件のように思う。

 

神童と呼ばれ、東大をトップに近い成績で卒業し

スーパーエリートとして役人になり出世して

若い女の記者が個人で寄ってくる?

 

世間ずれしているエリート官僚になったおじさんを

簡単に手玉に取っている女性記者は、思っている

以上に多いのではないのだろうか?

 

セクハラ問題では、財務省だけではなくすべての省庁と

新聞記者に襟を正そうと言いたい!

 

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

 

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事