スポンサーリンク
こんにちは楽しみ太郎です!

今回は4月27日の南北首脳会談をうけての反応をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

先の南北首脳会談では朝鮮半島の「完全な非核化」を目指すことにも同意した。

と発表された。

世界は、この会談をおおむね評価し「歴史的」との表現も見られた。

しかし、本当に歴史歴なのだろうか?

アメリカの見方はどうなのだろうか?

 

 

 

  メニュー

・25年の過ちを繰り返さない!

・リビアモデルと同じようになるか?

・拉致問題解決が肝心

 

 

・25年の過ちを繰り返さない!

トランプ米政権は大統領以下、「過去25年間の過ちは繰り返さない」と強調してきた。その起点となったのが1991年12月31日の「南北非核化宣言」である。

そこには、使用済み核燃料再処理やウラン濃縮の禁止などの具体的項目が曲がりなりにも盛り込まれていた。これに北が違反したことが、その後の核危機をもたらしたわけだが、「核のない朝鮮半島を実現するという共通の目標を確認」しただけの「板門店宣言」には具体性が一切ない。

引用:http://www.sankei.com/column/news/180430/clm1804300004-n1.html

 

このように、幾度か朝鮮半島では非核化宣言が出された。

しかし、いつも北朝鮮は約束を破り、核開発を続けてきた。

そして、今の核弾頭の保有である。

 

いまさら、核兵器を手放すとは思えないのが現状の思いではないだろうか?

今回の韓国の文在寅大統領が満面の笑みで金正恩朝鮮労働党委員長を抱擁し、

酒杯を交わしている間も現実には核兵器の開発は継続され、弾道ミサイルの

開発もやむことはないだろう!

 

今後アメリカのトランプ大統領との会談でどのような

具体的な提案がなされるか重大な関心を世界は見ている。

・リビアモデルと同じようになるか?

今後カギになるのはアメリカの対応だろう。「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」の実例がリビア・モデルである。2003年3月、イラク戦争の開始と同時に、リビアは米英に大量破壊兵器を放棄する意向を伝えた。軍事的圧力と制裁の効果であった。その年12月には合意が成立する。リビア方式の特徴は以下のようにまとめられる。

(1)米英の対外情報機関(米中央情報局=CIAと英国秘密情報部=MI6)が、交渉および廃棄の第1段階を担った。すなわち、交渉継続が自己目的化しやすい国務省や、動きが鈍い国際機関は関与させなかった。

(2)合意の1カ月後(04年1月)には、米軍機と艦船による廃棄対象物資の海外搬出が始まり、3月にはほぼ完了している。合意から実施までのスピードが速い。

(3)核のみならず化学兵器、中距離ミサイルも廃棄対象となった。

(4)疑惑施設の査察要求にリビアが即時全面的に応じた。「完全かつ不可逆的な」廃棄か否かは物理的には証明困難で、査察に対する「素直度」で判断するしかない。リビアは「合格」であった。

(5)テロの清算も同時に行われた。具体的には1988年のパンナム機爆破事件(死者270人。うち米国人190人、英国人43人)の犠牲者遺族に対し、リビアが27億ドルの補償金を支払った。

(6)リビアへの「見返り」は、核・ミサイルの廃棄完了後に提供された。すなわち金融制裁と航空機往来禁止解除が2004年9月、テロ支援国指定の解除が06年6月である。韓国政府高官が、「リビアの場合も段階ごとに米国の補償があった」と北朝鮮を援護する発言をしているが、事実に反する。

引用:http://www.sankei.com/column/news/180430/clm1804300004-n2.html

このようにリビアがとった対応のように、北朝鮮が応じるかどうかは

 

今後の行動を見ていくしかないが、これまでの経緯を考えるなら

素直に、核廃棄に応じるとは思いないのが一般的だろう!

それを、核廃棄をしなければ、北朝鮮の国家が崩壊する、

もしくは、金正恩委員長の体制が崩壊するまで、攻撃される

そのことを明確にしないといけないと思うし

検証も必要だろう!

 

・拉致問題解決が肝心

北朝鮮側は、米朝首脳会談をできるだけ曖昧に終わらせ、「実務者協議」に持ち込んで半歩ごとに譲歩を勝ち取るシナリオを描いていよう。それを許さず、制裁の実効性確保と「決裂すれば軍事オプション」という姿勢を日米中心に維持できるかが重要となる。

リビア方式の追求は、アメリカ以上に日本にとって意味が大きい。まず、中距離ミサイルの廃棄が合意に含まれる必要がある。さらにテロの清算が同時に行われねばならない。何より拉致問題の解決がそれに当たる。

北朝鮮による外国人拉致は、身分の盗用や教育係の確保など国家的なテロ・破壊工作の一環である。単なる誘拐ではない。そして他人になりすました工作員の最大のターゲットは米軍基地である。日本が特にアメリカに共同対処を呼び掛ける根拠がここにある。

北が工作員をすべて引き揚げれば、彼らの顔を知る拉致被害者を全員解放できる。解放しないのは、工作員を潜入させ続けているためと見る他ない。「完全かつ検証可能なテロ放棄」の核心が、まさに拉致の解決だといえる。

引用:http://www.sankei.com/column/news/180430/clm1804300004-n3.html

テロ国家としての指定を受けている、北朝鮮が、テロ国家放棄の

条件は、拉致問題の解決にある。

まさしく、ここに日本も関わって強烈に推し進める必要がある。

安倍政権と、日本人の覚悟が試されるのだ!

朝鮮半島の完全なる非核化は今のところは絵にかいた餅である

果たして、具体的な方針がどのように示されるか注意深く

見ていく必要がある。

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより http://hibidayori.com/

関連ブログ:日々ぽかぽか通信 http://barikan.net/

関連ブログ:健美食と共に http://kenbisyoku.com/

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事