スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は米朝会談での拉致問題についてをお伝えします。

それでは見ていきましょう。

日本中が期待していた、米朝首脳会談が終わった。

会場となったシンガポールは熱気に包まれた

一日が終わろうとしている。

会談では、トランプ大統領と金委員長が朝鮮半島の

これまでの清算とこれからの発展を話し合ったとのことである。

共同声明文書は包括的な文言で埋められた。

そこを含めて、日本人が最大の関心事の拉致問題も

含めてみていきましょう。

 

メニュー

  • 米朝会談の共同宣言
  • 北朝鮮の核放棄の問題は?
  • 日本人拉致問題はどうなる?

 

 

 

スポンサーリンク

米朝会談の共同宣言

米朝相互の信頼醸成が朝鮮半島の非核化を可能にすると強調した上で、両首脳は4点について一致した。

①米朝の両国民が平和と繁栄を望んでいることに従って、新しい米朝関係を構築する。

②朝鮮半島に永続的で安定的な平和体制を構築するためともに努力する。

③北朝鮮が朝鮮半島を完全に非核化するために取り組むとした、4月27日の板門店宣言を再確認する。

④米朝はすでに身元確認されたものを含め、戦争捕虜(POW)や行方不明兵の遺骨の回収に尽力する。

両国は、今回の合意を実現させるため、ポンペオ米国務長官と北朝鮮高官による協議を早急に始めることでも一致した。

この中で日本の拉致問題は当然ながら取り上げらていない。

 

スポンサードリンク

 

スポンサーリンク

北朝鮮の核放棄の問題は?

北朝鮮の非核化についての具体的な記述はなかった。

かつてははっきりと各設備や開発を辞めると言って

裏で核開発していた国が、今回は具体的な記述をしていない。

トランプ大統領は自信を誇示して会談の成果を示したが、

この北朝鮮は平気で裏切る国家だと言うことを忘れてはいないと思う

しかし、核放棄について具体的な表現がないのはどうなのだろうか?

本当に金委員長は核を放棄するのだろうか?

相変わらず疑問符が付く!

約束したことをこれまで平気で破る指導者である、

また国民である。トランプ大統領はこれを

忘れているとは思えないが?

 

 

スポンサーリンク

日本人拉致問題はどうなる?

トランプ大統領の記者会見で、日本人拉致問題は議題にあげたとのことである。

本当にうれしい話だが、本当に進展するか不明である。

結局今日の会談ではわからない?との感想である。

 

期待感が大きかっただけに、少し残念である。

小泉総理大臣の時のように、劇的な行動が起きるのでは?

との期待感もあった。

 

12日の米朝首脳会談を受け、北朝鮮による拉致被害者の曽我ひとみさん(59)がコメントを発表し、トランプ米大統領が金正恩委員長に拉致問題を提起したものの、具体的な進展は「これから協議していく」とされたことについて、「とても残念としか言えません」と失望感を示した。 コメントの全文は次の通り。

仕事中であり、ライブで(トランプ大統領の)会見を見ることは出来ませんでしたが、(佐渡)市役所より内容を教えてもらいました。米朝会談が開催されると知ってから、期待はしないようにと自制をしていましたが、期日が迫ってくるたびに、やはり期待する気持ちが高まってきました。

でも、結果は何も出ませんでした。問題を提起しました。これから話し合います。結局、米朝ともに拉致被害者家族が置かれている現状を理解してもらえなかったのでしょう。もっと具体的な答えを引き出してほしかった。一分、一秒を争っていると何度も訴えてきたはずです。とても残念としか言えません。

このままこの問題を引き延ばすことは出来ません。安倍(晋三)総理にはぜひとも日朝会談を開催するべく行動してほしいと切望します。

 

しかし、あまりにも大きく広げた風呂敷は残念ながら

たたまなければならない。

やはり、簡単にはいかなかった。

そして、関心事は低かったのではないだろうか?

 

後は安倍総理の頑張りに期待するしかない!

トランプ大統領に議題にだけはしてもらった、

後は、日本国家が責任をもって解決に動てほしい!

 

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事