こんにちは楽しみ太郎です!

今回は文部科学省幹部による受託収賄事件を受け、

また立憲民主党は内閣不信任案を提出しようとしています。

この事をお伝えします。

メニュー

  • 内閣不信任案とは何なのか?
  • 内閣不信任案は頻発させるものなのか?
  • 誰の為の国会か?
  • 国民無視の政党はどこだ!

内閣不信任案とは何なのか?

内閣不信任決議は、議会が内閣に対して信任しないことを内容として行う決議で、

現に行政を担っている特定の内閣を信任せず退陣を求めることを内容とする決議。

日本国憲法第56条第2項及び第69条)に基づき、衆議院本会議で、

出席議員の過半数によって決議される。

内閣は議会の信任を要するとすることは議院内閣制の核心的原則である。

したがって、内閣制度を採用する国のうちでも議院内閣制をとる国においては特に重要な意味を持ち、

政治制度としては、議会が不信任決議を行った場合には内閣は当然に総辞職する制度をとるか、

もしくは内閣は総辞職か議会の解散かの二者択一とする制度のいずれかがとられる

(日本国憲法は後者の制度をとっている)。

議会制民主主義の根幹の決議だが、最近は政府内部や行政府の不祥事が起きるたびに

野党が多発する議案だ!

議会の構成上議員の数が与野党拮抗していっれば、真剣実が出てくるが

現状の国会議員の配分ではいくら内閣不信任決議案を提出しても

否決されるのが分かりきっている。

それでも立憲民主党はやたらとこの議案を提出する。

いったい何のためだろうか?

ようは、国会で論戦をしたくなくさぼりたいだけではないのか?

そうやって時間を稼いで、早く会期末日を迎えたい!

ただそれだけで、思考停止した野党の作戦にしか見えないのだが?

スポンサーリンク

内閣不信任案は頻発させるものなのか?

そもそも国会は法案を議論をする場所である。

政府の役人の不祥事を問い詰める場所ではないはずだ!

一役人を任命したのが内閣だから、その不祥事の責任は

内閣がとるべきだと、野党は騒ぐ。

では、野党の議員が不祥事を起こした時は、

党全体で責任を取るのだろうか?

責任を取った政党など見たことがない!

自分たちの都合だけで大事な国会の審議時間を削らないでもらいたい。

今回の内閣不信任案提出も、私にしては意味不明である。

私は野党不信任案を提出したい!

国民の前でどれだけの野党の議員が仕事したか

きっちりと説明してほしいものだ!

でなければ野党議員の不信任案は可決だ!

もうこの内閣不信任案提出に賛同する議員は、

即座に議員辞職をしてほしい!

大事な税金を使われたくないのだ!

 

誰の為の国会か?

最近の国会審議を見ていると誰の為の国会かわからない!

特に立憲民主党は相変わらず、森加計だの、不祥事だの

こればっかりで、建設的な議論をしようとしていないように見える。

国会は国民の生命と財産を守ることが最大の問題であろう!

そのことを質問すらしないのはなぜだろう?

北朝鮮情勢は切羽詰まってきているのを感じないのだろうか?

中国艦船が、東南アジアの海を我が物顔で航行していて

何も感じないのが野党の議員さんたちだろう?

それに対する質問を聞いたことがない!

むしろ安全保障上の質問かと思って聞くと、

早く自衛隊をなくせとのような、共産党の主張のように聞こえる。

東南アジアの海は中国にあげればいいとでも思っているのだろうか?

日本のエネルギー問題で、原発ゼロをうたっている野党は

日本のエネルギーはどう考えているのだろうか?

中国から買えばいいと思っているのだろうか?

このような問題こそ先に議論してもらいたい、

もう安全保障の問題は遅いくらいの議題になってきている。

急いで日本を守る体制を整えないと手遅れになりそうである。

 

 

国民無視の政党はどこだ!

先の衆議院選挙からここまで、立憲民主党を中心に

安倍内閣を批判してきた。ただの批判である。

これを見て国民は自分たちの税金を野党議員にあげたいと思っただろうか?

審議拒否までして、長い連休を取り、セクハラ問題が出れば

自分も被害者だとして、TOO ME のプラカードを掲げた?

男性議員もいた?

こんなことをしている議員に税金は渡したくない!

もうすぐに議員辞職してほしいと思って見たいたのは

私だけだろうか?

今最速でなすべき国会での議論は国土防衛である!

中国のあからさまな尖閣諸島の牽制や

沖縄の公海上を行きかう爆撃機をみて何も感じないのだろうか?

 

スポンサードリンク

 

アメリカが守ってくれる?そんな保証などどこにもないはずだ!

ましてや、自国の防衛で若いアメリカ兵が命を落とすならわかるが、

日本人が戦わないで代理でアメリカ人の命を投げるとは思えない!

日本人がハワイを守るため、アメリカ人が遊んでいるのに

命をなげに行くのか?

たぶんいかないだろう!いくら同盟国でも!

自衛隊が国民を守ると思っている方が多いが

現行憲法や法律では、災害援助はできても

国防はできないのだ!

 

有事では戦車一台道路を走れない!

ましてや、戦闘機は自分が撃ち落されてからしか

ミサイルを打てない?

誰が国民を守ってくれるのだろうか?

自衛隊は自分の命も守れない組織なのだ!

自国を守るには自国民の命で守るしかないのだ!

有史以来わかっていることではないのか!

この議論をしない国会議員なんて、

ただの給料泥棒であろう!

給料泥棒の国会議員は早く辞職してほしい!

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事