スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は内閣不信任決議案を衆議院に提出の構えを

見せている立憲民主党をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

枝野幸男代表率いる立憲民主党が、安倍晋三首相の欧州、

中東歴訪(11~18日)を狙い撃ちし、10日にも、

内閣不信任決議案を衆院に提出する方向で検討に入ったという。

いったい何を考えている政党かこれでよりはっきりした!

そんな立憲民主党を追っかけてみましょう!

メニュー

  • 立憲民主党とは
  • 立憲民主党の内閣不信任決議案提出の狙いは?
  • 立憲民主党は本当に国民の政党か?

 

立憲民主党とは

代表:枝野幸男

代表代行:長妻昭

幹事長:福山哲郎

参議院議員団代表:福山哲郎

成立年月日:2017年10月3日

前身政党:民進党(一部)

自由党:(一部)

 

立憲民主党は、2017年の第48回衆議院議員総選挙を前に民進党の衆議院議員が、

小池百合子東京都知事率いる保守主義を掲げる希望の党へ合流を進めるなか、

目指す理念や政策が異なるリベラル系議員が参加することを見通して、

同年10月2日に枝野幸男が結成を宣言し、翌日10月3日に結党した。

立憲民主党の理念は、立憲民主主義の考え方を軸としている。

権力は憲法というルールに基づき認められているという立憲主義の尊重と、

皆で話し合って納得できるように物事を決めていくという民主主義の理念を両輪とする。

<ウィキペディア>

 

スポンサードリンク

 

これは、憲法は意地でも変えないと言う表れでもあるようだが?

スポンサーリンク

新綱領の策定

2017年12月26日、立憲民主党は、民進党とは異なる独自の綱領を新たに決定した。

 

綱領は、「立憲主義に基づく民主政治」と「多様性を認め合い、困ったときに寄り添い、

お互いさまに支え合う社会」の実現を結党の理念とした上で、

・「立憲主義を守り、草の根からの民主主義を実践します」

・「未来への責任をまっとうし、活力ある共生社会をつくります」

・「公正な分配により人間のための経済を実現します」

・「国を守り国際社会の平和と繁栄に貢献します」

という4つの項目にまとめた目標を掲げた。

しかし、これまでの活動ではとても国を守る行動とは程遠い感じですが・・・

 

立憲民主党の内閣不信任決議案提出の狙いは?

枝野幸男代表率いる立憲民主党が、「経済オンチ」ぶりを露呈した。安倍晋三首相の欧州、中東歴訪(11~18日)を狙い撃ちし、10日にも、内閣不信任決議案を衆院に提出する方向で検討に入ったという。辻元清美国対委員長は「伝家の宝刀」を手に息巻くが、自由貿易を推進する日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)の署名式や、エネルギー外交の重要性を無視した暴挙というほかない。

「国会が開いているのに海外逃亡だ」「トップが責任を取らないから、官僚もマネしている。安倍政権は、不信任に値する。政権が一番イヤなときに不信任案を出さないと、気が済まない」

辻元氏は5日の党会合で、森友学園問題や防衛省・自衛隊の日報隠蔽問題などに加え、文科省前局長の受託収賄事件を引き合いに、安倍政権をこう批判した。

会期末の22日まで残り2週間余りだが、このタイミングでの内閣不信任案の提出検討は、枝野氏が指示したという。官房長官経験者とは思えぬ、政局優先、国益無視の「妄動」といえる。提出された場合でも、与党は、安倍首相不在の衆院本会議で速やかに否決する構えだ。

ベルギー、フランス、サウジアラビア、エジプトの4カ国を歴訪する今回の外遊は、とりわけ重要だ。

安倍首相は、ベルギーの首都ブリュッセルで、EUとのEPAに署名するほか、サウジアラビアやエジプトには民間企業幹部らを同行させ、経済関係の強化を目指す。

ドナルド・トランプ米政権が保護主義や管理貿易の手法を強めるなか、EPAの署名は、日本がEUとともに、自由貿易体制を主導するメッセージとなる。

また、米国はイランとの対立を深め、日本を含む同盟国に対し、11月4日までにイラン産原油の輸入をゼロにするよう要求している。エネルギーの約9割を中東に依存する日本が、産油国・サウジアラビアとの関係を強化することは、安定的な石油供給ルートを確保するうえで欠かせない。

国際政治学者の藤井厳喜氏は「EPAに署名すれば、自由貿易体制での日本の立場を強くする。石油の輸入先を多様化することも、国益上、重要だ。立憲民主党は『反安倍政権』のみで、とち狂った方向に突き進んでいる。国益からかけ離れた的外れな自爆行為だ」と話している。

このように国益を守るように綱領には掲げているが

まったくの掛け倒れで、ただ反政権を掲げるだけで

国民の事など全く無視した国会行動に終始している!

立憲民主党は本当に国民の政党か?

上記でも書いたが、ここまでの立憲民主党の国会での活動は

とても国民の生命と財産を守ろうとしているようには思えない!

北朝鮮との状況が変わる中、国民をどう守り、拉致被害者を

どう取り戻すのかなど、なにも聞こえてこない?

聞こえてくるのは政権への批判ばかりか、足を引っ張っているような

発言が出てくるようである。自分たちも政権も同じ日本国や日本人の

為に行動するのが国会議員ではないのか!

何か野党は、国民を守る行動に政権が行おうとすると、それにも

批判的で、協力すらしない!

ただわめいているだけで、行動もしないようである。

 

 

こんな議員集団に国民政党と名乗られてはたまらないと思うのだが・・

立憲民主党の皆さんは、すぐに政権や安倍総理に「責任を取れ!」と

いうが、自分たちは責任を取ったことがあるのだろうか?

もう政党が変わったから、過去の自分の行動はご破算になったとも

言いたいのだろうか?

国民はしっかり見ていますよ!

無責任政治家の集合体となった政党を!

 

このままこの政党が躍進したら、必ず日本は

中国に売り渡されそうな感じがする。

沖縄と北海道ではすでに売られているようでもある?

日本人よ早く目覚めよう!

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事