スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は11月18日投開票の沖縄県知事選をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

メニュー

  • 沖縄県の保守一本化!
  • 翁長知事の動きは?
  • わき目も降らずに保守政治を取り戻せ!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

沖縄県の保守一本化!

今日31日、沖縄県の知事選に出馬表明している

宜野湾市の佐喜真(さきま)淳(あつし)市長(53)と、

元日本青年会議所(JC)会頭の安里(あさと)繁信氏(48)が

会談した。

ここで、保守・中道候補の一本化が必要との認識で一致した。

安里氏は自民党の推薦を求めていたが、自民党県連は佐喜真氏擁立を決めている。

 

これで、知事選へは佐喜真氏擁立で方向が固まったとみてよいのだろう。

最近までは、保守分断かと関係者を心配させていたが

本当に一本化がなったと思いたい。

 

スポンサードリンク

 

 

スポンサーリンク

翁長知事の動きは?

現知事の翁長氏の陣営は、翁長知事の体調を考慮しながら

出馬の時期を見定めている模様だが、

今回の保守のほころびを歓迎していたが

この一本化の動きで、少しあわただしくなってくるだろう。

翁長知事再選の最大の問題は、本人の癌の行方であろう!

現在は回復基調とは言え、これから4年間を託せるのか

大いに疑問がわくのは当然であろう!

 

 

翁長陣営は、保守の陣営の動きを最後まで見定めて

出馬の意向を発表するのではないだろうか?

スポンサーリンク

わき目も降らずに保守政治を取り戻せ!

沖縄県の自民党県連と公明党やその他保守を応援する人々は

翁長知事の動向よりも、自分たちの考えを県民に

しっかりと伝えてほしい!

普天間の危険は待ったなしてある!

早急に辺野古への移転を完了して

安全で安心の普天間周辺にしてほしい!

こんことが拒否されるとは思えない!

沖縄県民は安全で平和に暮らしたいはずである。

それは日本国民の願いでもある。

中国が目の前に迫ってきている時に

日本人同士がいがみ合っていては、国土や

人身は他国の物となろう!

ここは、強く沖縄県民の団結を希望する!

その為の行動を始めよう!

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事