28946979 - diverse multiethnic people with different jobs
スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は骨太の方針で決めた「2025年までに外国人労働者が50万人超」をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

これまで安倍政権は移民政策はとらないとしてきたが

今回の骨太の方針では、留学ビザではなく「特定技能」という資格で

単純労働の就労ビザを発行し、滞在中に高い専門性が確認されれば

「高度専門職」などの在留資格に移行することも可能とする。

そして、外国人労働者が50万人超受け入れるつもりである。

これはまさしく移民ではないのか?

本当に日本にとって良いのであろうか?

メニュー

  • 安倍政権の移民政策
  • これは移民だ!
  • 人口減少には出生を増やす政策で!

 

 

 

スポンサーリンク

安倍政権の移民政策

最近の人口減少、とりわけ若年者の減少は、

地方の中小企業や、農業、漁業と言った

一次産業からも悲鳴に近い声が聞こえる。

これに応えるべく、安倍政権は外国人労働者の受け入れに踏み切った。

当初は建設・農業・宿泊・介護・造船の5業種で受け入れる方針だったが、

他の業種から陳情が相次ぎ、外食や製造業など15を超える分野を追加する方針だ。

財界はこれを歓迎し、マスコミも「人材開国」とか「多文化の共生」

などと賞賛しているが、問題はそれほど単純ではない。

ヨーロッパの例を見ると難民の受け入れで、すでに大きなお問題が

発生しており、極右の台頭も大きくなってきている。

わが国でもすでに、治外法権の場所や地域の出現を見ているのに

安倍政権はきずかないのだろうか?

 

スポンサーリンク

これは移民だ!

政府の新しい方針では、最長5年間の就労の条件つきで単純労働者を受け入れる。

これは(永住権をもつ)移民ではなく、一時的な就労だというのが政府の説明だが、

国連の定義では、移民とは「1年以上外国で暮らす人」である。

この意味での移民は247万人で、すでに日本の人口の約2%を占めるが、

そのうち就労ビザをもつ労働者は2割しかいない。大部分はコンビニや

建設業などでビザなしで働く「隠れ移民」である。

留学生の就労は違法ではないが、彼らの目的は技能の習得ではない。

安倍政権は明らかに人口減少対策として移民を決めたのである。

そして、それをねらっているのは明らかに中国である。

中国政府は、この安倍総理の単純労働者を受け入れを絶好の

機会ととらえて、若い中国人の男性を送り込んでくる。

 

そして、日本人女性と結婚させ、永住権を取らせ、2世を生む。

この事が、合法的に日本を中国化する道である。

早くこの事に安倍政権は気づいてほしい!

日本がウイグルやチベットのような場所にされてしまうのである。

しかも、日本人との混血を奨励して日本人の手によって

中国化されてしまう!

 

 

スポンサーリンク

人口減少には出生を増やす政策で!

■ 移民は人口減少の解決にはならない

財界や自民党は人口減少を移民で埋めようとしているが、これは錯覚だ。自民党の外国人材交流推進議員連盟が2008年に「今後50年で1000万人の移民受け入れ」を求める提言を出して「非現実的だ」と批判を浴びたが、2060年までに生産年齢人口は約3000万人減る。たとえ移民が1000万人増えても、その3分の1しか埋まらないのだ。

人口減少社会で必要なのは、移民で人口を増やすことではなく、人口減少に適した社会に変えることだ。人手不足で困っているのは(介護を除くと)高い賃金を出せない地方の中小企業であり、こういう生産性の低い企業は整理・統合が必要だ。

労働人口が増えるとGDP(国内総生産)は増えるが、地方の低賃金労働者が増えると、一人当たりGDPは減る。治安の悪化などの社会的コストを考えると、メリットがコストより大きいかどうかは分からない。

 

スポンサードリンク

 

移民により安い労働力が入ってくると言うことは、国内の賃金が

上昇しないと言うことになる。

労働条件は今以上に良くはならない。

そして、社会保障費が食われるため、日本人の保険は悪化していく。

移民は世界の歴史を見ても、移民は人口減少対策にはならないのである。

むしろ、国が乗っ取られた来たのが歴史である。

安い労働力の移民は経済界が歓迎しても、それはコストを上げたくないだけで

単純に国民や国家を守ろうとはしない。

それがグローバル企業である。その為の移民政策は

やがては、日本を滅亡に追い込んでいく!

政治家は毅然として、日本国の将来に責任を持つべきだ!

人口増加の政策は、子供を生んで育てやすい環境を整えることが

最大の政策である。

子供は国の宝だ!

それを生み育てる環境こそ早急に整えるべきだ。

たとえば、一人の子供を産んだ家庭は無税!

子供の医療費・学費等は無料とうの政策を整えるべきだろう!

早く、子供を安心して産める環境を作るべきだ!

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事