スポンサーリンク

こんにちは楽しみ太郎です!

今回は農家の人手不足と補助金の問題をお伝えします。

それでは見ていきましょう。

 

日本は本格的な生産年齢の人口減少に入っている。

農業もその一つで、高齢者が多く農業の後継者不足が

日本中で起きている。

 

そんな農業の将来や人手不足の問題を考えてみたい。

果たして、日本の農業に未来はあるのだろうか?

安定した農産物の供給はできるのだろうか?

 

メニュー

  • 農産物の輸入は絶対にダメなの?
  • 補助金漬けが農業の活力を失った?
  • 外人労働者の導入は農業を立て直す?

 

 

農産物の輸入は絶対にダメなの?

近年の我が国の農産物の輸入は増加傾向にあります。

特に主要な穀物でも、お米以外はほとんどが輸入に頼っている

現状が見えてきます。

 

この農産物の輸入には、それなりに関税がかけられ、国内の農家を

保護する観点から当然との判断がされてきました。

特に、お米には高率の関税がかけられています。

 

これだけ農産物の輸入をしておきながら、お米は日本人の食糧の

元となるもので、全面的な輸入の解禁は避けなければならないと

考える人は多いでしょう。

 

私もこの事に関しては同調できますが、今日のように農家の人口減少で

外国人労働者まで入れて守るのはどうでしょうか?

外国人労働者は=移民です。

 

スポンサードリンク

 

この移民の人を増やせば日本の国の根幹が崩れます。

ヨーロッパの国の難民問題を見れば明らかです。

こうしてみると、農業への移民よりは農産物の輸入の方が

国家を維持するのによいと思うのですが?

 

美味しい野菜のサイトです↓
オイシックス公式サイト

スポンサーリンク

補助金漬けが農業の活力を失った?

日本の農業の活力がここまで失ったのはどうしてでしょうか?

私は過度な補助金が農家をダメしたと思っています。

戦後復興で必死に増産に立ち向かった農民を補助金漬けにしたのです。

 

どんなコメでも、上手いコメもそうでないコメも同じ値段で買い上げ

国民に専売制で売り渡すことを長年続けてきたおかげで、

農家に向上心を植え付けることに失敗したのです。

 

また、農協の一律の農業指導で、優秀な農家がやる気を失い

米作りにしか手を出せなくなった方も多くいたと聞いたことがあります。

その為に、農家の跡取りも、サラリーマンとして都市部に進出しました。

 

結果として、農家の後継ぎが地方に行くほどいなくなったのです。

それが、現在の田舎の限界集落の多さと、部落の崩壊を呼んでいると

私は見ています。大本は補助金漬けだったのではないでしょうか?

 

現在でも農業に対していろいろな補助金が出ています。

この補助金が攻める農業に対してならばよいのですが

守る農業の為なら、その補助金は関税の調整に使った方が

良いのではないでしょうか?

 

外人労働者の導入は農業を立て直す?

政府は、今回の骨太の方針で、留学ビザではなく「特定技能」という資格で

単純労働の就労ビザを発行し、滞在中に高い専門性が確認されれば

「高度専門職」などの在留資格に移行することも可能とする。

 

そして、外国人労働者が50万人超受け入れるつもりである。

これはまさしく移民ではないのか?

この「研修生」という名目の外人労働者は明かな移民政策です。

 

日本は、農産物に関税を課しています。それは外国からの安い農産物が流入して農業従事者が失業すると困るからです。しかし、昨今は農業従事者が高齢化により引退して、農業が労働力不足になり、外国人労働者を受け入れる必要が出てきたそうです。それならば、外国の農産物を輸入すれば済む話でしょう。

■農業が労働力不足だから外国人労働者を受け入れ
日本の農業従事者は、高齢者が多いので、彼らが引退していくと農業が労働力不足になっていくのは自然なことです。その分だけ外国人労働者を受け入れよう、という発想も、自然なものだと思います。しかし発想が単純すぎます(笑)。

日本は農産物の輸入を関税等によって制限しています。その理由は、農産物の輸入を自由化すると、安い外国の農産物が大量に流入して国産品が売れず、農業従事者が失業してしまうからです。それなら、農業従事者が高齢化により引退したことで生産量が減った分だけ農産物を輸入すれば良いでしょう。

「国産の農産物は安心だが、外国産の農産物は怖い」と感じる消費者は少なくないでしょうが、そうした消費者は高い代金を支払って国産品を買えば良いのです。そうでない消費者は輸入品を買えば良いのです。当然、市場では牛肉がそうであるように国産品と輸入品に価格差ができるでしょう。

あとは細かい点を詰めれば良いのです。不足する分の外国産農産物を政府が安い価格で輸入して、国産品を少しだけ下回る程度の価格で売り出すことによって政府が「売買益」を得ても良いでしょう。あるいは輸入を自由化して消費者に安い値段の農産物を購入してもらい、国内生産者には「輸入増によって値下がりした分の損失を補填する」ということでも良いでしょう。

いずれにしても、安い外国産農産物を輸入することのメリットが日本経済に生じることは間違いないわけで、あとはそれを政府が得るか消費者が得るか、というだけの話です。

■そもそも農業は比較劣位産業との認識が重要
経済学に「比較優位」という考え方があります。「各国が得意なものを大量に作って輸出し、不得意なものは作らずに輸入すれば良い。そうすれば、すべての国の人々が鎖国状態よりも豊かに暮らせる」というものです。日本は、土地が狭いのですから、農業は米国等々に任せて、思い切り自動車等を作って輸出すれば良いのです。

「農業従事者は農業を止めて、明日から自動車工場で働け」というわけに行きませんから、「農業従事者が高齢で引退するまでは関税で保護する」、ということは必要なのでしょうが、外国人労働者を受け入れてまで農業を続ける理由がありません。

 

このように、単純労働者が農家でおとなしく作業をしているとは思えません。

しかも10年以上住めば、そこには家族が出来部落が出来ます。

外国人部落の誕生で、そこでは日本語が通じないことでしょう。

 

これは、東京の一部の地区でも見られるようになってきました。

リトルコーリアン、リトルチャイナなどと焼バレているようです。

日本の田舎から、外国化が始まり、日本人の税金で日本を解体していく

行動が出てくるでしょう!

 

これは、その地区では農業が保たれたようでいて、

実は外国化するだけではないでしょうか?

それなら、農産物は輸入したほうがましなような気がしますが、

そう思っているのは私だけでしょうか?

 

美味しい野菜が気になる方はこちらから↓


 

最後までお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

関連ブログ:日々だより

関連ブログ:日々ぽかぽか通信

関連ブログ:健美食と共に

スポンサードリンク

スポンサーリンク
おすすめの記事